ニューエイジミュージックとは 第1回

 僕の作曲しているニューエイジミュージックというジャンルについて、何回かに分けて連載記事風に紹介していこうと思います。
 ニューエイジミュージック(以下ニューエイジと略)はCDショップへ行くと、ニューエイジと記載されるほかに、ヒーリング、リラクゼーション、BGM、イージーリスニングといったジャンル名で呼ばれていることが多いです。多くはクラシックやジャズコーナーのとなりに並んでいて、厳密にはくわしいジャンル分けは難しいとされます。それはクラシックの曲をポップ風にアレンジしたものや映画音楽の名曲を集めたものなども、一緒に並べられたりしています。
 ニューエイジの代表的なアーティストとしては
(シンセ系アーティスト)喜多郎、姫神、センス、ヴァンゲリス、ヤニーなど
(映像・映画系アーティスト)久石譲、岩代太郎、千住明、杉本竜一、羽毛田丈史など
(ピアニスト系アーティスト)倉本裕基、加古隆、西村由紀江、アンドレ・ギャニオン、ジョージ・ウィンストンなど
(独奏楽器や民族楽器系アーティスト)葉加瀬太郎(バイオリン)、宗次郎(オカリナ)、東儀秀樹(雅楽)、ジャー・パンファン(二胡)、チェン・ミン(二胡)、ポール・ウィンター(サックス)など
(ヴォイス・ヴォーカル系アーティスト)菅井えり、エンヤ、アディエマス、リベラなど
(レーベル)ウィンダム・ヒル、パシフィック・ムーンなど
 が挙げられます。
詳しい特徴などは次回以降解説いたします。           
                                      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

アシタツ Ashitatsu

Author:アシタツ Ashitatsu
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者

【演奏楽器】
ティン・ホイッスル
ロー・ホイッスル
キーボード・シンセサイザー

1977年生まれ。
大阪府出身・在住。
大阪芸術大学音楽学科卒業。
大学卒業後、癒し系音楽(ヒーリング/ニューエイジ・ミュージック)の作曲活動を行う。
2012~2015年には、ボーカロイドを使った楽曲も制作。

現在、ヒーリング・ホイッスル(ケルト笛のティン・ホイッスル&ロー・ホイッスルによる癒し系音楽)の楽曲制作・演奏などを中心に活動中。

※メッセージ、お問い合わせ、ご依頼等ございましたら、下記メールフォームをどうぞご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
フリーエリア