奈良・斑鳩での宗次郎さん・オカリナコンサート

今日は、奈良県斑鳩町に行ってきました。
いかるがホールで行われる、オカリナの宗次郎さんのコンサートと法隆寺に行くことが目的でした。

尊敬する音楽家で、オカリナの第一人者であらせられます宗次郎さん。
僕が宗次郎さんの音楽に出会ったのは、中学生の頃でしたが、宗次郎さんの音楽との出会いが、僕を音楽の世界に導いたと言っても過言ではありません。

それほどに、大きな影響を受け、また心から尊敬しているお方です。

2015年以降、関西でコンサートがあれば必ず行くことにしています。

(2017/6/18 斑鳩~法隆寺と宗次郎さんのコンサート)
今日のコンサートは午後でしたので、午前中に法隆寺を訪れました。
法隆寺に初めて訪れたのは、2000年の3月でした。

その後何度か訪れていましたが、今日はしばらくぶりに、十数年ぶりの訪問でした。

14977858800.jpeg

14977858960.jpeg

法隆寺はあいにく、中門が修復工事中でした。

西院伽藍から夢殿、そして中宮寺へと巡りました。
世界最古の木造建築を眺めていると、時空を越えて、悠久の歴史の流れを感じられます。

中宮寺では、歴史の教科書などに必ず載っている、あの有名な観音像を拝観。静な佇まいに心が洗われます。
法隆寺訪問は、本当に久し振りでしたが、また門の修復工事が終わった頃に、再訪したいと思いました。

14977859370.jpeg

14977859560.jpeg

14977859720.jpeg

14977859860.jpeg

法隆寺をあとにして、いかるがホールに向かいました。

14977860100.jpeg

田園の中にある、立派なホールでした。

14977860240.jpeg

宗次郎さんのオカリナコンサート。チケットは完売です。斑鳩町制70周年の記念のコンサートです。

コンサートは、宗次郎さんのオカリナに、ピアノ、ギター、バイオリン、チェロという、アコースティックな編成で、アンコールの2曲を含めて全18曲の熱演。とても素晴らしいコンサートでした。叙情歌などのカバー6曲にオリジナル12曲でした。

<セットリスト>
「森のこだま」「森に還る」「故郷」「七つの子」「かあさんの歌」「故郷の原風景」「凪」「コンドルは飛んでいく」~休憩15分~「見上げてごらん夜の星を」(斑鳩町のオカリナ愛好者の方たちとの共演)~「鳥の歌」「悲しい水」「KAN-NON~観音~」「炎~求道~」「この星に生まれて」「母の歌」「大黄河」~アンコール「竹田の子守歌」「天空のオリオン」

中でも、アルバム『古道~いにしえみち~』が個人的には大好きですので、このアルバムより、2曲演奏があったのは嬉しかったです。特に「KAN-NON~観音~」は、宗次郎さんが中宮寺の観音像に感銘を受けられて、作曲されたとのことで、ちょうど午前中に見て来たばかりでしたので、感動も倍増でした。

14977860360.jpeg

毎度ですが、終演後サイン会にて、CDにサインをしていただきました。

実は、今日サインしていただいたCDで、宗次郎さんのオリジナルアルバム、全作品を揃えることができました。

そのことを、ご本人にお伝えしますと、優しい笑顔で握手もして下さいました。宗次郎さんは、人柄も本当に素晴らしいお方で、心から尊敬しています。

ツイッターで色々と感想などを呟いて、時間を少しつぶし、感激のうちに帰りの電車に乗ろうと法隆寺駅に行ったところ、驚いたことがありました。

法隆寺駅の大阪方面行きのホームで電車を待っていて、ふと向かい側の奈良方面行きのホームを見ると、なんと!宗次郎さんが立っておられて、普通にやって来た電車に乗って行かれました。

たぶん奈良市内に宿をとっておられるのかもしれませんが、まさか電車を使って帰られるとは思わなかったので、とても驚きました。
有名人なのに、全く飾らない自然体なお姿に、とても感動しました。
奈良県で普通に、あの宗次郎さんが電車に乗っている…凄いですし、素晴らしいですね!お人柄が感じられます。

今日は、本当にいいコンサートを楽しめました!


この度、宗次郎さんのオリジナルアルバム全作品、完全網羅を果たし、決心したことがあります。

まず、ブログで宗次郎さんの全アルバムのレビューを書いていきたいということです。そのために、ブログに新カテゴリー“尊敬する音楽家:宗次郎さんのこと”を追加しました。今後、このカテゴリーで、宗次郎さんの音楽との出会いのことや、宗次郎さんのアルバムのレビュー・紹介などを行っていこうと思います。

そしてもうひとつ、ティン・ホイッスルで宗次郎さんの曲のカバー演奏に挑戦し、YouTubeで公開していきたいということです。

今までも、練習として宗次郎さんの曲をホイッスルで吹いたりしてはいましたが、本格的に、アシタツ流にアレンジを施して、ティン・ホイッスル演奏作品として作ってみたいと考えています。

オカリナ用に作られた曲を、ティン・ホイッスルで吹くと果たしてどうなるのか?
楽しみながら挑戦しようと思います。

tag : 宗次郎

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カテゴリ
プロフィール

アシタツ Ashitatsu

Author:アシタツ Ashitatsu
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者

【演奏楽器】
ティン・ホイッスル
ロー・ホイッスル
キーボード・シンセサイザー

1977年生まれ。
大阪府出身・在住。
大阪芸術大学音楽学科卒業。
大学卒業後、癒し系音楽(ヒーリング/ニューエイジ・ミュージック)の作曲活動を行う。
2012~2015年には、ボーカロイドを使った楽曲も制作。

現在、ヒーリング・ホイッスル(ケルト笛のティン・ホイッスル&ロー・ホイッスルによる癒し系音楽)の楽曲制作・演奏などを中心に活動中。

※メッセージ、お問い合わせ、ご依頼等ございましたら、下記メールフォームをどうぞご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
フリーエリア