福井への旅・2017春

先週の木・金曜にかけて、1泊2日で福井へ旅をしました。
今年は、福井を中心に、北陸地方を重点的に旅をしようと決めていまして、1月の福井・永平寺、2月の金沢に続き、今年三度目の北陸旅となりました。

以前にも書きましたが、母方の家系が福井県の自身には、2分の1福井人・北陸人の血が流れているとの思いがあり、自らのルーツを見つめてみようというのが、今年の北陸旅のテーマとなっています。

特に今回は、初めて北陸の地で花見をしてみようと思い、福井の桜の名所である足羽川や足羽山を訪れ、また、かねてより行きたかった一乗谷を訪れることを目的にしました。

福井旅1日目、まずは福井駅近くの蕎麦屋さんで、しょうゆカツ丼とおろしそばのセットを食べました。
C9RLAW-UAAA6UmQ.jpg

その後、バスに乗り、福井市おさごえ民家園を訪れました。この民家園は、福井県内の古民家を移築し展示公開している所です。
美しい日本のふるさとを感じさせる古民家は素晴らしかったです。
C9RXodBUwAAW1bO.jpg

C9RX9y1VoAAzMhw.jpg

民家園の職員の方に許可をいただいて、ホイッスルで一曲、演奏させていただけました。とても素晴らしい環境で、気持ち良く演奏できました。
C9RjCjpU0AEn2Jp.jpg

その後、足羽山を訪れ、花見をしました。
ほんとに沢山の桜が咲いていましたが、中でも足羽神社のしだれ桜は見事でした。また、足羽山からは、福井市街の彼方に、美しい山並みが見え、山頂付近はまだ雪が積もっているみたいで、夕陽を受けて、白く輝いて見えました。(帰ってきてから調べたら、あの山は、白山だったようです)
C9R7MViUMAA1Xbv.jpg

C9R8e4lUQAAxsdI.jpg

宿に入り、一服してから、足羽川の夜桜見物に向かいました。
ホテルの傍の、福井城址の夜桜もライトアップされて美しかったです。
足羽川の桜並木は、日本の桜名所百選にも選ばれ、並木の一本一本が、かなりの巨木で、見事でした。
夜桜と月のツーショットも見れました。
C9SeKZlUQAAnRdM.jpg

C9SmppBUAAAt1HP.jpg

C9SYOqoUQAIRd5Y.jpg

旅の2日目は、まず宿の傍の福井城址からスタートしました。天守台跡周辺も桜は満開。
福井という地名の由来となった井戸・福の井を訪れました。一月に訪れた際は工事中でしたが、今回はきれいに復元されていました。
C9VKlTiUMAA-XIX.jpg

C9VLpIhUMAERjsW.jpg

その後、バスに乗り、一乗谷を目指しました。
遺跡を訪れる前に、資料館に立ち寄り、戦国時代に栄華を誇った、一乗谷の歴史を学びました。
C9VY65zVwAAbwSZ.jpg

そして、今回の旅のメイン・一乗谷へ。
一乗谷は至るところで、桜、しだれ桜が咲き誇っており、まさに桃源郷といった趣でした。
C9VjTu8VoAEaK_W.jpg

一乗谷に着いてから、まずは遺跡内の散策をしました。
館の跡や戦国時代の町並が復原されています。
山腹の庭園の遺構も、かつての栄華を偲ばせます。
C9Vk_USU0AE0h19.jpg

C9VpeYsV0AAiIZl.jpg

C9VyWczVwAA6w6_.jpg

C9V038WUAAAA0LX.jpg


そして、復原町並の真ん中に、野外ステージ“夢舞台”があります。
ここは、入場料を払って入場し、遺跡の方にことわった上で、路上ライブで楽器の演奏をさせていただくことが出来るという場所です。
ホイッスル・ソロにて、オリジナル曲やよく知られた名曲カバーなど、約三十分ほど、演奏させていただきました。(葉加瀬太郎さん作曲の、一乗谷公式イメージ曲『悠久の一乗谷』もカバー演奏いたしました)
山々の美しい自然に囲まれ、満開の桜を愛でながらという素晴らしい環境で、とても気持ち良く演奏ができました。
C9VzV98UwAE16dI.jpg

一乗谷は、本当に素晴らしいところでした。
また機会があれば、ぜひぜひ訪れたいなと思います。

福井駅にバスで戻った後、福井旅の締めくくりに、やはり名物のソースカツ丼を食べておこうと思い、期間限定の季節メニュー・春の山菜おろしそばとおろしソースカツ丼のセットを食べました。(とてもゴージャス!)
C9WU14NUQAENjN_.jpg

福井は何となくマイナーなイメージを持たれがちなのですが、訪れれば訪れるほどに、その魅力がわかり、どんどんと魅了されていきます。
食べ物も美味しいところですし、旅行先としては穴場かもしれませんね。
とても良い旅ができました。


旅をして、訪れたところの印象を元に、作曲を行うのですが、昨年12月の山形と2月の金沢への旅を元にして作った曲が、もうすぐ完成しそうですので、近日公開を目指して、仕上げに取り組んでいますが、今回の一乗谷の印象を元にした曲も作っていきたいと思います。

tag : 福井

5/14(日)神戸新開地音楽祭に出演

来月の5月13~14日にかけて、神戸で開催されます、第17回神戸新開地音楽祭。

14日の日曜日に、メトロ・ステージにて、ヒーリング・ホイッスル&マンドリン デュオ“アシタツ&BunKan”が出演いたします。

<第17回神戸新開地音楽祭・アシタツ&BunKan 出演日時・場所>
・5月14日(日) 15:30~16:00 
・メトロ・ステージ(新開地駅東コンコースステージ/東改札を出て、メトロこうべ側)

オリジナル曲のほか、よく知られた曲のカバーも演奏いたします。
ぜひ、お越しください!
ご来場、お待ちいたしております。


神戸新開地音楽祭ホームページ

メトロ・ステージ/タイムテーブル

会場へのアクセス

tag : 新開地音楽祭

最新記事
カテゴリ
プロフィール

アシタツ Ashitatsu

Author:アシタツ Ashitatsu
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者

【演奏楽器】
ティン・ホイッスル
ロー・ホイッスル
キーボード・シンセサイザー

1977年生まれ。
大阪府出身・在住。
大阪芸術大学音楽学科卒業。
大学卒業後、癒し系音楽(ヒーリング/ニューエイジ・ミュージック)の作曲活動を行う。
2012~2015年には、ボーカロイドを使った楽曲も制作。

現在、ヒーリング・ホイッスル(ケルト笛のティン・ホイッスル&ロー・ホイッスルによる癒し系音楽)の楽曲制作・演奏などを中心に活動中。

※メッセージ、お問い合わせ、ご依頼等ございましたら、下記メールフォームをどうぞご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
フリーエリア