ティン・ホイッスルのことと、制作中の新曲について

5月に、ティン・ホイッスルというケルト民族の笛を入手しまして、最近は毎日吹いて練習しております。
もともと、民族楽器系の笛の音色が大好きで、学生時代はケーナとかを少し吹いていたりしたこともありましたが、曲作りにも、シンセでよく笛系の音色を使ったりしています。

春先に、尊敬するアーティストの一人・オカリナ奏者の宗次郎さんのコンサートに20年ぶりに出かけたのですが、電子楽器ではないアコースティックな笛の生音の素晴らしさに心打たれ、笛好きの感覚が呼び覚まされた感動を受けました。

そんな折に、アイルランド音楽などで使われる、ティン・ホイッスルという素晴らしい音色の笛を知り、ぜひ吹いてみたい!と思い早速購入。それ以来、まさにとり付かれたかのように(笑)毎日吹いております。
(その際に、とてもお世話になったのがこちらのお店→ケルトの笛屋さん) 

ケルトの笛屋さんはとても良心的に対応して下さり、サイトの案内もとても充実しています。私はこちらでマイケル・バーク製ティン・ホイッスルのD管とC管、ローホイッスルG管とD管を購入いたしました。

そんなわけで、私の音楽制作の楽器に、新たに加わったティン・ホイッスル。
頑張って練習して上達して行きたいと思います。

現在、来月発表予定の新曲を鋭意制作中なのですが、実はこの曲にティン・ホイッスルの音色を使っています。
戦後70年ということで、平和を願うテーマの曲を作っていますが、ボカロ&シンセに併せてティン・ホイッスルの音色も聴いていただけたらと考えております。ご期待下さい!
最新記事
カテゴリ
プロフィール

アシタツ Ashitatsu

Author:アシタツ Ashitatsu
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者

【演奏楽器】
ティン・ホイッスル
ロー・ホイッスル
キーボード・シンセサイザー

1977年生まれ。
大阪府出身。
大阪芸術大学音楽学科卒業。

ヒーリング・ホイッスル(ケルトのホイッスルによる癒し系音楽)の楽曲制作・演奏を中心に活動。

◎専門音楽ジャンル:ヒーリング・ニューエイジ

◎歴史・史跡巡りが趣味

◎大阪府の郊外(奈良県寄りの田舎の方)在住。

◎オリジナル曲での主なテーマ:近畿・北陸の自然や歴史をテーマにした作品。
(自身は大阪府出身の関西人だが、母方の家系が福井県出身で、2分の1北陸人の血が流れていると自負)

◎尊敬する影響を受けた音楽家:宗次郎、喜多郎、姫神(星吉昭)、久石譲など

※メッセージ、お問い合わせ、ご依頼等ございましたら、下記メールフォームをどうぞご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
フリーエリア
QRコード
QRコード
月別アーカイブ