フィンランド・ブーム

 最近、フィンランドがマイブームです。
 
 私はフィンランドへはまだ一度も行ったことはありませんが、ぜひ一度訪れてみたい国です。
 フィンランドと言えば、最近では映画『かもめ食堂』のヒットもあり、割と注目されていますが、以前だと『ムーミン』の国といった取り上げられ方をしていました。私自身は小学生のころに見た名作劇場のアニメ『牧場の少女カトリ』等に見られるイメージ、森や湖があって豊かな自然と牧歌的な世界が思い浮かびます。

 ニューエイジ系の音楽家では、オカリナ奏者の宗次郎さんがよくフィンランドの音楽をとりあげておられて、現地で入手した民族楽器のカンテレを、アルバムに取り入れられたりしておられます。

<フィンランド民謡などを収録した宗次郎さんのアルバム『鳥の歌』>
鳥の歌~遥かなる同胞たちの歌~鳥の歌~遥かなる同胞たちの歌~
(2002/09/25)
宗次郎

商品詳細を見る



 そして、やはりフィンランドの作曲家と言えば、シベリウスです!!

 シベリウス作品を鑑賞し、また感想など書いてみようかと思います。
最新記事
カテゴリ
プロフィール

アシタツ Ashitatsu

Author:アシタツ Ashitatsu
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者

【演奏楽器】
ティン・ホイッスル
ロー・ホイッスル
キーボード・シンセサイザー

1977年生まれ。
大阪府出身。
大阪芸術大学音楽学科卒業。

ヒーリング・ホイッスル(ケルトのホイッスルによる癒し系音楽)の楽曲制作・演奏を中心に活動。

◎専門音楽ジャンル:ヒーリング・ニューエイジ

◎歴史・史跡巡りが趣味

◎大阪府の郊外(奈良県寄りの田舎の方)在住。

◎オリジナル曲での主なテーマ:近畿・北陸の自然や歴史をテーマにした作品。
(自身は大阪府出身の関西人だが、母方の家系が福井県出身で、2分の1北陸人の血が流れていると自負)

◎尊敬する影響を受けた音楽家:宗次郎、喜多郎、姫神(星吉昭)、久石譲など

※メッセージ、お問い合わせ、ご依頼等ございましたら、下記メールフォームをどうぞご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
フリーエリア
QRコード
QRコード
月別アーカイブ