『Forest~Fresh Green Story~』楽曲解説①

芦達英季最新作『Forest~Fresh Green Story~』聴いていただけましたでしょうか。

これから、数回に渡りこの新作の楽曲解説を連載します。

第一回は、第一曲の『Dawn of the Forest』です。

この曲のイメージは、森の夜明け・朝のイメージで作曲しました。
 
ハープのアルペジオをベースに、コーラス系のサウンドがメインのメロディを奏でます。後半部に入ると主旋律は、オーボエが奏でていきます。

全体を通して、効果音として小鳥のさえずりを取り入れ、広がりのあるサウンドにしました。

『Forest~Fresh Green Story~』楽曲解説②

第2回:第2曲『Spring Winds』

この曲は、春の森を吹き抜ける、優しくて暖かい風をイメージしながら作曲しました。

楽器編成は、ピアノ・ソロという最もシンプルな内容です。

実は、ピアノ・ソロの曲の方が、たくさんの楽器で編成した曲よりも、ごまかしが効かない分、演奏の収録は難しかったりします。僕はパソコンは一切使わずに、作曲・演奏しますので、ひとつひとつの音符を大切に演奏するよう心がけます。そして、あくまで手で演奏されたものにこだわります。
 
この曲も、何回も録り直しをして録音したものです。その分、これでOK!!となった時は、大変な喜びを感じられます。

※『Forest~Fresh Green Story』は、試聴コーナー、芦達英季作品試聴室にて公開中です。

『Forest~Fresh Green Story~』楽曲解説③

第3回:第3曲『Fresh Green Story』

作品全体のタイトルの副題にもなっている曲です。

新緑の若葉が美しく感じられる季節の森をイメージした曲です。

ピアノをメインにしつつストリングスがハーモニーや対旋律で彩りを添えていく、そんな感じに仕上げました。
森をゆったりとした気持ちで歩いているようなイメージで聴いていただけたら幸いです。

試聴はこちら→Fresh Green Records 芦達英季作品試聴室
最新記事
カテゴリ
プロフィール

アシタツ Ashitatsu

Author:アシタツ Ashitatsu
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者

【演奏楽器】
ティン・ホイッスル
ロー・ホイッスル
キーボード・シンセサイザー

1977年生まれ。
大阪府出身。
大阪芸術大学音楽学科卒業。

ヒーリング・ホイッスル(ケルトのホイッスルによる癒し系音楽)の楽曲制作・演奏を中心に活動。

◎専門音楽ジャンル:ヒーリング・ニューエイジ

◎歴史・史跡巡りが趣味

◎大阪府の郊外(奈良県寄りの田舎の方)在住。

◎オリジナル曲での主なテーマ:近畿・北陸の自然や歴史をテーマにした作品。
(自身は大阪府出身の関西人だが、母方の家系が福井県出身で、2分の1北陸人の血が流れていると自負)

◎尊敬する影響を受けた音楽家:宗次郎、喜多郎、姫神(星吉昭)、久石譲など

※メッセージ、お問い合わせ、ご依頼等ございましたら、下記メールフォームをどうぞご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
フリーエリア
QRコード
QRコード
月別アーカイブ