メンデルスゾーン生誕200年企画[クリスマスに聴きたいメンデルスゾーン作品]

 以前の記事にも書きましたが、僕が一番好きなクラシックの作曲家はメンデルスゾーンです。
そして、2009年はメンデルスゾーン生誕200年ということで、クリスマスに聴いてみたいメンデルスゾーンの名曲を紹介します。

(交響曲編)
交響曲では第2番『讃歌』と第5番『宗教改革』がおすすめです。

・交響曲第2番『讃歌』変ロ長調 Op.52
 この作品は、僕にとってとても思い入れのある作品で、僕の音楽人生を決定づけた作品だと思っています。
 じつは、大阪芸術大学在学時に、大阪芸術大学管弦楽団定期演奏会でこの曲が演奏された際、合唱団の一員として参加したのですが、生まれて初めてオーケストラ演奏に加わり大変感動したことを覚えています。そして、僕がメンデルスゾーン作品の研究をするきっかけになった作品でした。

 全4楽章のうち、第4楽章で合唱が加わるという『第九』型の曲で、発表された当時は大ヒットし(特にイギリスで)、非常に人気があったにもかかわらず、現在ではあまり演奏されることが少ない作品です。
 作品自体は、メンデルスゾーンらしい非常に美しいメロディーが多く、また壮大なスケールのある作品です。
 
・交響曲第5番『宗教改革』ニ長調 Op.107
 第二楽章と第四楽章がとくにおすすめです。第四楽章のコラール旋律の美しさは感動的です。

 この両作品とも演奏される機会は少ないのですが、もっと評価されるべき名曲だと思います。 
 
 演奏に関しては、メンデルスゾーン交響曲全集として名盤中の名盤との評価が高い、クラウディオ・アバド指揮ロンドン交響楽団のものを紹介しておきます。

メンデルスゾーン:交響曲全集メンデルスゾーン:交響曲全集
(2009/02/04)
ロンドン交響楽団 アバド(クラウディオ)、コンネル(エリザベス) 他

商品詳細を見る


(↓こちらは上記と同じアバド&LSOの輸入盤で、5つの交響曲の他7つの管弦楽序曲も収録したお買い得版です。ただし第2番『讃歌』の歌詞はなく、解説は英語です)
5 Symphonies 7 Overtures5 Symphonies 7 Overtures
(2002/05/14)
London Symphony Orchestra

商品詳細を見る


 アバド以外では、第2番はリッカルド・シャイーの演奏、第5番はL.バーンスタインの演奏のものもおすすめです。交響曲全集としてはカラヤン盤もあります。

(オラトリオ編)
 メンデルスゾーンはオラトリオを2作品作曲しています(『聖パウロ』と『エリヤ』、あと未完の作品で『キリスト』もあります)。
 この内、『エリヤ』はメンデルスゾーン作品の中でも、最高傑作の評価が高い大作です。

・オラトリオ『エリヤ』
 バッハやヘンデルに匹敵する対位法と、メンデルスゾーンならではのロマンチックなメロディズムが融合された、ロマン派最大の宗教曲です。No.20 Chor"Dank sei dir,Gotts"はとても好きな曲です。ほかにも美しいアリアがたくさんあります。その一方重厚な曲もありメンデルスゾーンのすごさが味わえる大作です。
 メンデルスゾーンが軽いサロン風の曲の作曲家と思いこんでおられる方は、ぜひ『エリヤ』を聴いてほしいと思います。評価が変わることと思います。

 演奏はサヴァリッシュのものを紹介しておきます。



(合唱曲編)
 メンデルスゾーンのコラール(合唱)作品は、隠れた名曲ぞろいです。
僕は讃美歌が好きで聴くたびにとても平安な気持ちになります。

・3つの詩篇 Op.78
・マグニフィカット Magnificat
・アヴェ マリア Op.23-2
・6つのアンセム Op.79

などがおすすめです。

 ベスト盤(合唱作品集)等もあるようですが、僕が愛聴しているコンプリート版(10枚組のBOX版)を紹介しておきます。



 今年のクリスマスはメンデルスゾーンの名曲に触れてみられてはいかがでしょうか。

“マスターピース組曲”制作発表

 Merry Christmas!! メリー・クリスマス!!

 次なる作品の企画として、名作文学をモチーフにした組曲を制作します。

 決定した作品名は
 “マスターピース組曲”(英語表記:Masterpiece Suite)です。
  “Masterpiece"とは“普遍的な価値や評価を得た名作”という意味です。

 この作品では、原作の世界観やテーマを音楽で表現しそれを組曲として構成し作曲していきます。原作を読みこみ、そこから得たインスピレーションをもとに制作します。 
 記念すべき第一弾、マスターピース組曲『赤毛のアン』の制作を開始しています。

<新作概要>
(タイトル)マスターピース組曲『赤毛のアン』 Masterpiece Suite“Anne of Green Gables”
(原作)ルーシー・モード・モンゴメリー Lucy Maud Montgomery
(プロデュース・構成)芦達英季 Hideki Ashitatsu
(作曲・編曲・演奏)芦達英季 Hideki Ashitatsu
(制作)Fresh Green Records

 マスターピース組曲『赤毛のアン』は2010年夏頃に完成の予定です。ご期待下さい!!

良いお年を!!

 本日は、おおみそかということで、第九を聴きました。




 僕が愛聴している、クレンペラー盤(フィルハーモニア管弦楽団)です。渋くて凄みのある演奏です。

 今年は様々なことに挑戦した1年でした。(その一つがこのブログですが)とても充実した一年でした。
 来年もいい年になりますように!!

 今年お世話になったすべての人に感謝の気持ちを込めて
 『良いお年を!!』
最新記事
カテゴリ
プロフィール

アシタツ Ashitatsu

Author:アシタツ Ashitatsu
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者

【演奏楽器】
ティン・ホイッスル
ロー・ホイッスル
キーボード・シンセサイザー

1977年生まれ。
大阪府出身・在住。
大阪芸術大学音楽学科卒業。
大学卒業後、癒し系音楽(ヒーリング/ニューエイジ・ミュージック)の作曲活動を行う。
2012~2015年には、ボーカロイドを使った楽曲も制作。

現在、ヒーリング・ホイッスル(ケルト笛のティン・ホイッスル&ロー・ホイッスルによる癒し系音楽)の楽曲制作・演奏などを中心に活動中。

※メッセージ、お問い合わせ、ご依頼等ございましたら、下記メールフォームをどうぞご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
フリーエリア