アシタツのブログへようこそ!

DSCN0661 (2)

<アシタツ・プロフィール>
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者
1977年生まれ。大阪府出身。大阪芸術大学音楽学科卒業。

私・アシタツは、ケルトのホイッスル(ティン・ホイッスル&ロー・ホイッスル)とシンセサイザーを使い、音楽の作曲・演奏を行っております。

ヒーリング・ホイッスルとは、アシタツによる造語で、ケルトのホイッスルによる癒し系音楽です。

オリジナル曲では、癒し系の音楽(ヒーリング/ ニューエイジ・ミュージック)をメインに制作しております。

大阪府の郊外(奈良県寄りの田舎の方)を拠点に、近畿・北陸の自然や歴史をテーマにした作品などを発表しております。
(歴史・史跡巡りが趣味。また、自身は大阪府出身の関西人だが、母方の家系が福井県出身で、2分の1北陸人の血が流れていると自負)

また、文学・児童文学をモチーフにした音楽や、ファンタジックな世界観のヒーリング音楽・オリジナル曲なども手がけております。

ホイッスルの演奏では、オリジナル曲やヒーリング・ニューエイジの他、日本の童謡唱歌、世界の名曲・愛唱歌、民族音楽、ポップソング、映画音楽、ジブリ音楽・アニメソング、ミュージカル曲など、様々なジャンルの音楽を演奏しています。ジャンルを問わず、数多くの曲のレパートリーを持つホイッスル奏者を目指して、日々精進しております。

尊敬する音楽家としては、宗次郎さん、久石譲さん、姫神(星吉昭)さん、喜多郎さんといった方達を尊敬し、また影響を、音楽家を志した中高生の頃より受けました。

プロフィール画像 (300x300)

※ティン・ホイッスルについて
19世紀イギリス・イングランド発祥の金属製のホイッスル。現在、主にアイルランド音楽に用いられる、ケルトの民族楽器の笛。ペニー・ホイッスルやホイッスル、またはアイリッシュ・ホイッスルと呼ばれることもある。元々はTin(ブリキ、錫)で作られた6孔の笛だが、現在はアルミ製や真鍮製の物が多い。音の鳴る原理は、オカリナなどと同じくエアリードの管楽器だが、独特の哀愁を帯びた音色が魅力的である。低い音域の物は、ロー・ホイッスルと呼ばれる。



<アシタツの音楽をお楽しみください!>
YouTube公式チャンネル
オリジナル曲
童謡唱歌カバー演奏
世界の名曲カバー演奏
ジブリ音楽カバー演奏
その他、様々な音楽の演奏を公開中

アシタツ作品一覧(ヒーリング・ホイッスル/オリジナル曲)
ヒーリング・ホイッスル演奏(カバー演奏/オリジナル曲以外)

ライブ活動等では、マンドリン奏者BunKan氏とのデュオ、“アシタツ&BunKan”としても演奏活動を行っております。
アシタツ&BunKan(ヒーリング・ホイッスル&マンドリン デュオ)
YouTube

<配信>
オリジナル曲を配信・販売しております。
配信・販売(オリジナル曲を発売中)

<SNS>

Twitter
facebook

※メッセージ、お問い合わせ、楽曲制作・演奏のご依頼等ございましたら、上記SNSやブログ内メールフォームをどうぞご利用ください。(メールフォームは、PC版・左側プロフィール欄の下にございます)


<作品ピックアップ>
季節に合わせて、おすすめの作品を紹介します。

風のとおり道(『となりのトトロ』より)
【ヒーリング・ホイッスル カバー演奏】


ヒーリング・ホイッスル版「崖の上のポニョ」公開!!~映画『崖の上のポニョ』公開10周年~

~映画『崖の上のポニョ』公開10周年~

公開から10周年を迎えた、宮崎駿監督作品『崖の上のポニョ』。

その主題歌で、当時大ヒットした「崖の上のポニョ」を、ティン・ホイッスル&シンセサイザーでカバー演奏しました。

とても楽しく明るいメロディーで、カバー演奏していて、とても楽しかったです。
アレンジに関しては、オーケストラ・サウンドをメインに据えた編曲で、ダイナミックなスケール感も表現できればと思いました。

ぜひ、お聴きください!


「崖の上のポニョ」
作曲:久石譲
編曲:アシタツ
ヒーリング・ホイッスル&キーボード演奏:アシタツ


テーマ : 演奏してみた
ジャンル : 音楽

tag : 久石譲 宮崎駿 崖の上のポニョ ティン・ホイッスル ジブリ スタジオジブリ

三鷹の森ジブリ美術館&宮崎駿監督にお会いできた!トトロのふるさと探訪旅

15315545950.jpeg

2018年7月13日~14日と、一泊二日で東京に行って来ました。

今回の最大の目的は、今までずっと行きたいと思っていた“三鷹の森ジブリ美術館”へ。
そして、スタジオジブリゆかりの地を訪ねる旅でした。

ヒーリング・ホイッスルで、ジブリ音楽の演奏に取り組む中、より深く豊かな表現ができるようになりたいと考えました。

そのためにも、ジブリの空気感に触れ、ジブリ作品が生まれた場所を実際に見に行こうと思いました。

ジブリ美術館は、時間指定の予約制。

とにかく人気なので、入館するには、一か月前10日発売のチケットを入手しなければなりません。
(7月入館ならば6月10日発売)
僕は、16:00からの入場分のチケットをとることができました。

現地の到着すると、入館待ちの人たちが並んでいました。
国籍も、様々な国からのお客さんでいっぱいでした。
世界中の方が、ジブリ作品に魅了されていることが、実感できました。

15315545220.jpeg

入場時間になり、身分証での本人確認を済ませて入館。
ただし、美術館内の撮影は一切禁止とのことでした。
(美術館の外は大丈夫)

15315545680.jpeg

常設展示の「動きはじめの部屋」。
ここでは、トトロの立体ゾートロープに、目が釘付けとなりました。

人形が、とある仕掛けによって躍動的に動き出す展示で、本当にすごかったです。
あまりにも面白かったので、ずっとしばらく見続けていました。

「映画の生まれる場所」は、アニメ映画がどのように作られていくのかが、詳しく分かりやすく展示されていて見応えがありました。

企画展示「食べるを描く」では、ジブリ作品の魅力の一つ、食べ物の描写がどのように生み出されたのかが説明されていました。、

模型や絵コンテなどを使った展示で、本当にお腹がペコペコ(or満腹)になるくらいに、充実した展示でした。

さらに、ラピュタのタイガーモス号のキッチンや、トトロの草壁家の居間&台所が、実物大で再現されたセットもあり、楽しく見て回れました。

本当に見所がいっぱいで、時間はあっという間に過ぎました。

なかでも、映像展示室「土星座」では、短編映画が上映されており、宮崎駿監督の最新作である『毛虫のボロ』を鑑賞できました。

虫の目から見た世界の描写が、とても不思議で美しいアニメで描かれていました。
宮崎さんの想像力・イマジネーションの広がりが、感じられました。

『毛虫のボロ』は、言葉によるセリフは無く、タモリさんの声による効果音のみでした。
ですので、言語は関係なく、本当に国籍・人種を越えて、みんなが一体となって楽しんで観ていたのが印象的でした。

ミクロの世界を垣間見たような気持ちになれる作品でした。
虫も植物も精一杯生きているんだ、というメッセージを感じました。

映画鑑賞後、美術館内の図書室(書店)で、パンフレットなどを買い、屋上に向かいました。
屋上には、あのラピュタに登場するロボット兵が鎮座しています。

15315546210.jpeg

ロボット兵、間近で見ると迫力がありました。

その後、まだ行っていない場所を見ている内に閉館時間の18時となりました。

本当に素晴らしすぎて、わずか2時間では、見てまわるのに時間が足らない!と思いました。

三鷹の森ジブリ美術館、とても楽しく面白い空間でした!

美術館をあとにして、この日に泊まる宿屋に向かいました。
泊まったのは、スタジオジブリの地元・東京都小金井市の民宿です。

ジブリから程近い場所にあるので、夕食を取り荷物を置いてから、散歩がてらジブリの方へ向かいました。

ジブリに着いた頃にはすっかり日は暮れていましたが、照明がついており、中では仕事が行われている様子でした。

15315546590.jpeg
※入口の中をよく見ると、トトロが立っています。

ちなみに、ジブリ本社は、スタジオ内の見学などは一切受け付けていないので、建物の外を眺めるだけでした。

それでも、この場所からあの名作が生まれたんだと思うだけでも、ファンとしては大満足です。

自分自身も作品を創る人間として、ジブリの建物から、作品作りのオーラ・エネルギーのようなものを感じたいと思っていました。

ジブリ本社は、美しい緑に囲まれていることで知られていますが、暗くてよく見えなかったので、翌朝もう一度来ることにしました。

宿屋に帰ってからは、美術館で買ったパンフレットや本を読みました。

15315715670.jpeg

その中で、最近出版された『トトロの生まれたところ』は、美しいイラストや絵がいっぱいで気に入りました。

トトロゆかりの地、所沢周辺の自然が紹介されており、ぜひ、この目で見てみたいと考え、翌日行ってみることにしました。
(実は、最初の旅の予定では、千と千尋に出てくる“不思議の町”のモデルという噂の、“江戸東京たてもの園”に行こうと考えていました。ですが、この本を読んで気が変わり、急遽旅の予定を変更しました。このことが、翌日に、ある“奇跡”を呼ぶことになります)

翌朝、朝早くに宿屋を発って、ジブリの方へ行きました。
昨夜とは異なり、朝日の中で、緑あふれるジブリの建物を見ることができました。

15315546820.jpeg

15315547350.jpeg

ジブリの裏側は、畑になっていました。
畑の緑とジブリの緑が、夏の日差しの中で、とても色鮮やかで綺麗でした。

東京都ながら、静かで落ち着いた、ある意味“田舎”な雰囲気の場所でした。

緑のあるこの地で、あの美しい作品群が生み出されていることに、なるほどと納得することができました。

この日は土曜日なので、お休みだったのかもしれません。
誰もいない様子でした。

実は、ジブリから歩いて数分の場所に、宮崎駿さんのアトリエがあります。

よく、宮崎さんは付近を散歩されているそうなので、もしかしたらお会いできるかも…などと淡い幻想を抱きつつ、付近を散策しました。

15315547110.jpeg

宮崎駿さんのアトリエは、山小屋風建物。
木々に囲まれて、とても素敵ですね!

TVドキュメンタリーなどで見たことはありましたが、実際に行くと、本当に静かで緑豊かな、美しいところでした。

きっと、ここで集中して、あの素晴らしい世界を生み出されるんだろうなと思いました。

そんな感じで、落ち着いた雰囲気のジブリ周辺の散策を終えて、最寄りの東小金井駅に行きました。
(残念ながら、この時は、宮崎さんとバッタリ…とは行きませんでしたが、その約一時間後ミラクルが起こります)

電車に乗って、トトロゆかりの地、所沢の“淵の森”と“かみの山”に向かいました。
昨夜、本をよく読んで、マップも調べて、周辺の地理を頭に入れておきました。

JR新秋津駅に到着し、宮崎さん行きつけのパン屋として有名な“サントアン”さんの前を通り(後で絶対寄ろうと思いつつ)、淵の森を目指しました。
(実は、宮崎さんはこの辺りにお住まいなのだそうです)

“トトロの森”として知られ、宮崎さん自らが保全活動をなさっておられる森です。

淵の森の入り口に着き、森の様子を眺めていました。

15315548010.jpeg

すると、森の中の小道の方から、聞き覚えのある声が…。

なんと、宮崎駿監督ご本人が、歩いて来られました!

多分、お知り合いと思われる方と、談笑しながら二人で小道を歩いて来られました。

僕は、宮崎さんに「宮崎さん、こんにちは。」と挨拶して「大阪から、トトロのモデルの森を見に来ました。」と話しました。

すると、宮崎さん「いや、モデルにしたわけじゃないんだけどね。(森の木々を眺めて)…あの頃はもっと若い森でした…。どうぞどうぞ、見てやって下さい。」

そう仰って、お辞儀をしながら、両手で小道の方へうながす仕草をして、道をあけて下さいました。

僕は、恐縮しつつお礼を言って、森に入りました。
宮崎さんは、再びお知り合いの方と話しながら、散歩の続きに行かれました。

奇跡的でした。前日に旅の予定を急遽変更したおかげで、宮崎さんにお会いできました。

あの宮崎駿監督と会話ができて、大感激でした!

宮崎駿さん、70代後半とは思えないくらい、元気な足どりでまっすぐな姿勢で歩いておられました。

「あの頃はもっと若い森でした」と話しながら、感慨深そうに、森の木々を見つめた時の眼差しが印象的でした。

本当に、この森を愛しておられるんだなあと感じました。

15315547590.jpeg

15315548180.jpeg

森は静かで、せせらぎが流れており、とても美しい空間でした。

黒い羽根のトンボが、ふわりふわりと飛んでいて、その姿を見ながら、前日の『毛虫のボロ』のことや、様々なジブリ作品のことを思い浮かべながら、散策しました。

淵の森散策のあと、住宅地を抜けてさらに歩いて行き、“かみの山”に向かいました。

先述の本『トトロの生まれたところ』に紹介されている雑木林です。

小高い丘のようになっていましたが、緑のトンネルの中を歩いて行きました。

15315548610.jpeg

15315548790.jpeg

15315549080.jpeg

15315549270.jpeg

舗装されていない土の道を歩いていると、まさにトトロの世界の中にいるような気持ちになれました。

ネコバスが通っているかもしれないな…などと想像しながら歩くと楽しかったです。
森の横は、西武電車の線路が通っていて、時折、電車が走って行きました。

森を抜けると、住宅地と田園地帯が混合したエリアに出ました。

15315549460.jpeg

家が建っていましたが、たぶんトトロの頃の時代には無くて、もっと緑が溢れていたのかな?とか想像しました。

茶畑や雑木林に、なんとなく映画の風景の面影が感じられました。

かみの山をあとにして、来た道を戻り、再び淵の森へ。

森の横の線路沿いの壁には、淵の森の生き物や地図などが貼ってありました。よく見ると、文字に見覚えが…。そう、宮崎駿さんの手書きの文字でした。

15315549840.jpeg

淵の森と新秋津駅の間には、秋津神社というお宮さんがありました。

15315550020.jpeg

緑に囲まれたこの神社も、もしかしたら、宮崎さんに色々とインスピレーションを与えているのかも…と思いました。

宮崎さんにお会いできた感謝も込めて、参拝しました。

秋津周辺の散策を終え、次の目的地“八国山”に向かうことにしました。

その前に、駅前でお昼の調達を。

宮崎駿さん行き付けのパン屋さん“サントアン”さんで、お昼のパンを買いました。

15315550250.jpeg

お店の方に、大阪から買いに来ました、と話したら驚かれました。
宮崎さんがよく付近を散歩されていることなど、お店の方から色々とお話をうかがえて良かったです。

15315550430.jpeg

その後、電車に乗って、西武園駅へ。
よく考えたら、西武電車に乗ったのは初めてです。
近鉄沿線在住の自分にとっては、今まで全く縁のない電車でした。

八国山に行く前に、お腹が空いたので、駅のベンチで先ほど買ったパンを食べました。

宮崎さんがよく食べておられたカレーパン。
(お店の方によると、最近は体の事を考えて、油で揚げていないパンをよく召し上がるのだとか)

そして、映画『風立ちぬ』でお馴染みのシベリアです。

15315550560.jpeg

カレーパンは、結構辛口でスパイシーな感じです。でも揚げたてだったので、美味しい!

シベリアは、『風立ちぬ』で見てから、食べてみたいと思っていたのですが、関西ではなかなか売っていなくて…。

ようやく食べれた三角のシベリア。カステラと羊羮の組み合わせが美味。普通の餡と柚子餡の両方食べました。

空腹を満たし、駅から程近い“八国山”へ。
トトロの映画では"七国山"となっています。

15315550730.jpeg

15315550900.jpeg

マップを見ると、八国山はかなり広いようでした。
ゆっくり歩いて行こうと思いました。

15315551100.jpeg

15315551280.jpeg

15315551470.jpeg

15315551610.jpeg

八国山は緑がとても色鮮やかで、先ほどの“かみの山”に続いて、再びトトロの世界に入り込んだようでした。

まさか、東京に来て、こんなにも森林浴ができるとは思いませんでした。

尾根沿いの道を、ずっと歩いて行きましたが、時折、森の木々のすき間から、ふもとの住宅街も見えました。

その屋根の並びを見ていて、ハッとしました。

この光景は、千と千尋の神隠しの、冒頭シーン。
千尋の一家が、車で引っ越してきた所の風景に似ていると思いました。

新興の住宅地と、そのそばに緑の森が広がっている…。トトロの世界のような、千尋の世界のような…頭の中で、色んなジブリ作品の風景が交錯していました。

森を抜けると、草むらが広がる、風通しの良い場所に出ました。
辺りは誰もいなくて静かでした。

「よし、ここで一曲吹こう」と思い、ティン・ホイッスルを取り出しました。

15315551750.jpeg

曲は、となりのトトロゆかりの地・八国山ということで、「風のとおり道」を吹きました。
最高に気持ちよく演奏できました。

しかし、この日は猛暑の炎天下…。
歩き回って、大分体力も消耗しましたので、水分補給をして下山することにしました。

森を少し歩いていると、病院の建物が見えてきました。

15315551920.jpeg

どうやら、トトロの映画に登場する、お母さんが入院している“七国山病院”のモデルの病院のようでした。

山を下りるとものすごく暑くて、森の中の方が涼しかったなあと思いました。

トトロゆかりの八国山、中々広い森で大分歩きました。

都会から程近い所の自然は、これからも大切に守って行ってほしいなと思いました。

やっぱり街と山とが、行き来できる場所にあるのはいいなと思います。(大阪だと生駒山とかかな?)

トトロの生まれたところ、とても満喫できました。

その後は、西武園駅から西武電車で新宿へ向かい、JR線に乗り換えて、東京駅から新幹線で大阪に帰りました。

その途中、関西に入ったあたりで、車窓の眺めを見ていて、あることに気が付きました。

山や畑の土を見て、関東の八国山で見た土の色と違うなと思いました。
八国山は赤みのある色なのに対し、こっちは白っぽい。

ちょうど映画の『となりのトトロ』と『火垂るの墓』で、土の色を変えて、塗り分けていたと読んだことがあるのですが、自分の目でそれが実感できました。

家に帰ってきて、今回の旅の出来事を振り返りながら、思いました。

「宮崎駿さんにお会いできた今日のことは、一生忘れないだろう。」と。

今回のジブリ美術館&トトロのふるさと探訪旅、本当に素晴らしい旅でした。

tag : スタジオジブリ ジブリ ジブリ美術館 三鷹の森ジブリ美術館 宮崎駿

「風のとおり道」&「ずぶぬれオバケ」公開!~ホイッスルで奏でる“となりのトトロ”第5&6弾!

~『となりのトトロ』公開30周年記念~
第5弾「風のとおり道」&第6弾「ずぶぬれオバケ」

『となりのトトロ』公開30周年記念としまして、『トトロ』の音楽をヒーリング・ホイッスルで演奏するプロジェクト。
第1弾「さんぽ」
第2弾「風のとおり道」(アコースティック・バージョン)
第3弾「オバケやしき!」
第4弾「おかあさん」

と順次公開してきました。
今月は、第5弾「風のとおり道」(シンセ伴奏バージョン)と、第6弾「ずぶぬれオバケ」を公開します!


 第5弾「風のとおり道」(シンセ伴奏バージョン)は、第2弾のアコースティック・バージョンとは異なり、原曲のアレンジに、できる限り忠実な編曲を心掛けました。抒情的なメロディーが魅力的な名曲ですね!
 今回は、ホイッスルとシンセの音色のアンサンブルが活きるように仕上げました。
 久石さんの原曲にかなり近い編曲になったと思います。

<「風のとおり道」作曲・原編曲:久石譲>
編曲:アシタツ
ヒーリング・ホイッスル&シンセサイザー演奏:アシタツ



 第6弾「ずぶぬれオバケ」は、映画本編の“雨降りバス停のシーン”の音楽です。個人的に、このシーンに登場する“お稲荷さん”のカットが、お気に入りです。日本の神社が持つ不思議な雰囲気を感じられますね。
 音楽自体も、ミニマル・ミュージックをベースとした、幻想的な雰囲気が漂う美しい曲です。こちらも、原曲に近いアレンジに仕上げました。
 この曲では、シンセサイザーをメインにして、ホイッスルは脇役的なパートとなっています。原曲でクラリネットの音が使われている場所を、ホイッスルにしてみました。

<「ずぶぬれオバケ」作曲・原編曲:久石譲>
編曲:アシタツ
シンセサイザー&ヒーリング・ホイッスル演奏:アシタツ


ちょうど、梅雨の時期にピッタリな曲だと思います。
ぜひ、お楽しみください!

テーマ : 演奏してみた
ジャンル : 音楽

tag : 久石譲 となりのトトロ

久石譲ジブリ音楽・目録

久石譲さんが音楽を担当された、ジブリ作品のイメージアルバム&サウンドトラック全収録曲を紹介する、レビュー記事を連載します!

その前に、久石譲ジブリ音楽・目録を作成いたしました。
イメージアルバム&サウンドトラックを中心に、派生作品のタイトルもまとめました。

カッコ内の数字は発売日です。


久石譲ジブリ音楽・目録

<イメージアルバム&サウンドトラック一覧>

※ジブリ作品の映画音楽において、最も中心的な存在であり、核・骨格となっているのが、イメージアルバムとサウンドトラックです。当ブログのレビューでメインに扱います。

◎久石譲×宮崎駿監督作品

『風の谷のナウシカ』映画公開日:1984.3.11
・イメージアルバム~鳥の人…~(1983.11.25)
・サウンドトラック~はるかな地へ…~(1984.3.25)

『天空の城ラピュタ』映画公開日:1986.8.2
・イメージアルバム~空から降ってきた少女~(1986.5.25)
・サウンドトラック~飛行石の謎~(1986.8.15)

『となりのトトロ』映画公開日:1988.4.16
・イメージソング集(1987.11.25)
・サウンドトラック集(1988.5.1)

『魔女の宅急便』映画公開日:1989.7.29
・イメージアルバム(1989.4.10)
・サントラ音楽集(1989.8.10)

『紅の豚』映画公開日:1992.7.18
・イメージアルバム(1992.5.25)
・サウンドトラック(1992.7.25)

『もののけ姫』映画公開日:1997.7.12
・イメージアルバム(1996.7.22)
・サウンドトラック(1997.7.2)

『千と千尋の神隠し』映画公開日:2001.7.20
・イメージアルバム(2001.4.4)
・サウンドトラック(2001.7.18)

『ハウルの動く城』映画公開日:2004.11.20
・イメージ交響組曲(2004.1.21)
・サウンドトラック(2004.11.19)

『崖の上のポニョ』映画公開日:2008.7.19
・イメージアルバム(2008.3.5)
・サウンドトラック(2008.7.16)

『風立ちぬ』映画公開日:2013.7.20
・サウンドトラック(2013.7.17)

『君たちはどう生きるか』映画公開日:20XX.X.X
・サウンドトラック(20XX.X.X)


◎久石譲×高畑勲監督作品

『かぐや姫の物語』映画公開日2013.11.23
・サウンドトラック(2013.11.20)


※イメージアルバムとは
 サウンドトラックを作る前に、宮崎駿監督から、映画の物語のキーワードとなる言葉やメッセージ・概要などが久石譲さんに伝えられます。それらを元に、久石さんがイメージを膨らませて制作したイメージ音楽集のCDが、イメージアルバムです。
 曲の時間的な制約がない分、楽曲構成の自由度や、音楽的な完成度が高いのが特徴です。また、イメージアルバムの曲・モチーフは、映画本編で必ずしも使われるとは限りません。

※サウンドトラックとは
 映画本編で実際に使用された音楽。イメージアルバムをもとに、映画本編のどの部分に、どんな曲を入れるのかを打ち合わせ、制作された決定稿の音楽です。
 打ち合わせの過程で、イメージアルバムには無かったメロディー・モチーフが、新たに作られることもあります。
 映画のシーンにピッタリ合わせて作られることが多いので、時間的な制約があり、一曲一曲が短めの時間になることが多いです。
 映画のバックで流れていた音楽を収めたCDが、サウンドトラックとなります。


<主な派生作品>

◎オーケストラ用に再アレンジしたアルバム
・風の谷のナウシカ シンフォニー~風の伝説~(1984.2.25)
・天空の城ラピュタ シンフォニー編~大樹~(1986.12.21)
・交響組曲もののけ姫(1998.7.8)
・Castle in the Sky~天空の城ラピュタ・USAヴァージョン・サウンドトラック~(2002.10.2)
・オーケストラストーリーズ となりのトトロ(2002.10.23)

◎音楽を含む、映画の全ての音を収録したアルバム
・風の谷のナウシカ ドラマ編~風の神さま~(1984.4.25)
・天空の城ラピュタ ドラマ編~光よ甦れ!~(1986.8.25)
・となりのトトロ ドラマ編~さんぽ~(1989.2.25)
・魔女の宅急便 ドラマ編(1989.9.25)
・紅の豚 ドラマ編(1992.9.25)

◎歌もの(久石譲作曲or編曲担当の作品のみ掲載)
・天空の城ラピュタ 挿入歌「君をのせて」(1988.3.25シングル)
・となりのトトロ 主題歌「さんぽ」「となりのトトロ」(1988.3.25シングル)
・魔女の宅急便 ヴォーカル・アルバム(1989.11.25)
 ※久石譲作曲のメロディーに、歌詞をつけた歌を収録したヴォーカル・アルバム。
  カラオケCD(1990.6.25)と、「めぐる季節」シングルCD(1990.6.25)も発売された。
・もののけ姫 主題歌「もののけ姫」(1997.6.25シングル)
・千と千尋の神隠し 主題歌・テーマ「いつも何度でも・いのちの名前」(2001.7.18シングル)
 ※「いつも何度でも」の作編曲は木村弓。「いのちの名前」の作編曲が久石譲。
・ハウルの動く城 主題歌「世界の約束」(2004.10.27シングル)
 ※作曲は木村弓。編曲が久石譲。
・崖の上のポニョ 主題歌「崖の上のポニョ」(2007.12.5シングル)

◎別人が編曲したアルバム
・ハイテックシリーズ
「風の谷のナウシカ」(1989.10.25)
「天空の城ラピュタ」(1989.11.25)
「魔女の宅急便」(1989.12.21)
「となりのトトロ」(1990.1.25)

※この“ハイテックシリーズ”は、久石譲ファンの方が手にするには、非常に注意が必要です。
 メロディーは、久石さんが作曲したものを使っていますが、編曲は全く別人の方が担当しています。ですので、原曲とは全く異なる曲調になっているものが多いです。しかも、久石さんの作風や原曲の雰囲気とは、必ずしも一致しない編曲になっています。
 もし、映画本編で流れていたような曲を期待して購入すると、相当痛い目にあいます。
 久石譲さん自身の編曲による音楽を聴きたいと考える方は、要注意です。“ハイテックシリーズ”ではなく、イメージアルバムやサウンドトラックの購入をおすすめします。



※上記、派生作品の他、ベスト盤やオルゴール・アレンジCD、ブラスバンド演奏CDなどがあります。また、一般発売はされていない、三鷹の森ジブリ美術館でのみ販売のCDもあります。(宮崎駿監督の短編映画『めいとこねこバス』のサウンドトラックなど)

※参考文献:各CDの解説書。並びに、『借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック』解説書収録の「スタジオジブリ音楽目録」

tag : 久石譲 スタジオジブリ 宮崎駿 高畑勲 ジブリ

敬愛する久石譲さんの音楽<第13話・最終話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第13話・最終話>

 自身5回目の久石譲さんのコンサートは、2014年12月31日大みそかに開催の、“久石譲ジルベスターコンサート2014 in festival hall”でした。
 2004年の大阪城野外コンサート以来ですので、実に10年ぶりのコンサートでした。
(今回はちゃんと、前売りチケットをあらかじめ購入しました)

 会場は、大阪・中之島のフェスティバルホール
 この一公演のみのスペシャルプログラムでした。

 久石さんは、大阪でのジルベスターコンサートを、何年かに渡って続けてきておられたようなのですが、恥ずかしながら知らなくて、この日が初参加となりました。

 2000年代後半以降、久石さんは指揮者としての演奏活動も活発化し、コンサートでも、自身のオリジナル曲だけでなく、クラシックの交響曲などもプログラムに取り上げるようになりました。
 もちろん、クラシックの名曲の生演奏も素晴らしいのですが、個人的には、久石さんのコンサートでは、やはり久石さんの曲を聴きたいという思いがありました。

 この2014年ジルベスターコンサートは、久石さんの、それも最近の代表作を中心に集めたプログラムでした。まさに、今現在の久石さんの音楽を味わうのに、絶好のコンサートだと思いました。
 それが、このコンサートに行こうと考えた最大の理由でした。大みそかにコンサートに行くというのも、新鮮な体験でした。

 コンサートは17時から。
 会場では、大みそかということで、年越しそばのサービスが行われていました。

 フェスティバルホールは、この年の夏に開催された、母校・大阪芸術大学のコンサート、「プロムナード・コンサート2014 冨田勲・イーハトーブ交響曲」演奏会以来の、約4か月ぶりの訪問でした。

 客席は、1階後方の隅の方で、必ずしもいい席というわけではありませんでした。
 でも、10年ぶりに、久石さんの生演奏を聴ける喜びの方が大きかったのを覚えています。

 開演時間となり、オーケストラの団員が着席し、久石さんが登場されました。

 1曲目は「かぐや姫の物語」
 竹の音を思わせるような、甲高い音色のパーカッションを使ったアレンジが印象的でした。
 ステージで生み出される“和”の響きに身を委ねていると、まるで、音楽による絵巻物を見ているかのようでした。

 つづいて、ヴァイオリン独奏が印象的な「Winter Garden」。
 休憩をはさんで、「風立ちぬ」の組曲と続きます。

 「風立ちぬ」では、マンドリンバラライカといった弦楽器が印象的で、美しいメロディーを奏でました。

 この時のことで、痛烈に後悔していることがあります。

 そう、実はこのコンサートの時点で、『かぐや姫の物語』と『風立ちぬ』の映画本編を、まだ観ていなかったのです。
 当時は、映画館に足を運ぶ習慣から、すこし気持ちが遠のいていました。そのために、『かぐや姫の物語』と『風立ちぬ』を劇場で鑑賞することを逃してしまいました。

 両作は、このコンサートの後、しばらくしてDVDをレンタルして観ましたが、「映画館に観に行っとけばよかった…」と、ものすごく後悔しました。

 久石さんの音楽は、映画本編を観ていなくても、十分に楽しめる素晴らしい音楽なのですが、映画を観た上でコンサートを聴けば、より感動が倍増するに違いありません。
 今の自分ならば、ああ、このメロディーはあのシーンでかかっていたなあ…とか思いながら聴けるのでしょうが…。
 その点が悔やまれます。この時のリベンジを果たすべく、今年(2018年)8月のコンサートで、再び「かぐや姫の物語」の生演奏を聴きに行きます!

 そんなわけで、2014年ジルベスターコンサートは、「かぐや姫の物語」「Winter Garden」「風立ちぬ」「小さいおうち」と、当時の僕にとって知らない、初めて聴く作品が続きました。
 最近の久石さんの音楽や作風を知ることができて、とても楽しめました。

 そしていよいよ、コンサートも佳境を迎え、「水の旅人」「魔女の宅急便」「Oriental Wind」が演奏されました。
 近年で最も愛聴していたアルバム『Melodyphony メロディフォニー』に収録されている曲です。(第12話参照

 何度もCDを聴いて楽譜を読み、時には譜面に書き写して勉強した曲です。それを生演奏で聴けて本当によかったです。

 アンコールの「One Summer Day」(『千と千尋の神隠し』より)と「風の谷のナウシカ」も素晴らしく、あっという間にコンサートの時間は流れました。

 久石さんのコンサートは、年々チケット代が上がっていますが、今後も時には奮発して、聴きに行きたいと思います。(手始めに、この夏2018年のワールド・ドリーム・オーケストラのコンサートに行きます!)
 久石さんのコンサートは人気も高くなり、チケットも取りにくくなってきていますが、聴きに行けば、至高の音楽に生で触れることができます。
 これこそ、コンサートの醍醐味と言えますね。

 今後も、久石さんのコンサートに行った際には、このブログ記事で紹介していこうと思います。

15274225510.jpeg
※2014年ジルベスターコンサートのプログラム

15274225650.jpeg
※曲の解説などが分かりやすく記載されています。


 さて、13話に渡り、自分自身と久石譲さんの音楽との関わりや想いを書き綴りました。

 思えば、小学生の時に久石さんの音楽と出会って以来、自分の人生は、久石さんの音楽に包まれて生きてきたなあと思います。
 人生の岐路に立った時も、久石さんの音楽が、様々なことを導いてくれたように感じます。

 現在、ヒーリング・ホイッスルの演奏活動をする中で、オリジナル曲以外にも、多くのカバー曲も取り上げています。
 中でも、久石譲さんが作られた作品を数多く含むジブリ音楽は、主なレパートリーとして今後も取り上げていきたいと考えています。
 僕を素晴らしい音楽の世界へ導いて下さった、久石さんへの感謝をこめて、ヒーリング・ホイッスルで吹いていきたいと思います。

 久石さんは、とても多作なお方で、オリジナルアルバムやサントラCDなどを合わせると、数えきれないほどたくさんの作品があります。

 僕自身は、久石さんのCDについては、広く多く聴くというよりも、限られたお気に入りの作品を、とことん深く味わって聴くというスタンスです。(ジブリ作品や驚異の小宇宙・人体の音楽など…)
 ですので、久石さんのCDを全部揃えているという方や、久石さんのコンサートを毎回毎年聴きに行くという方からすると、僕など、まだまだファンとしては甘いかもしれません。

 でも、久石さんを尊敬する気持ちや久石さんの音楽を愛する気持ちは、深く持っています。
 特に、ジブリ作品に関しては、映画作品そのものも大ファンであり、久石さんが音楽を担当された、宮崎駿監督作品全作品と高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』について、サウンドトラックとイメージアルバムをすべて揃えました。

 そこで、『風の谷のナウシカ』以降、久石さんが作られたジブリ音楽の、サントラ&イメージアルバムの全曲をレビューする記事を連載しようと思います。
“久石譲さんのこと:ジブリ音楽レビュー編”のカテゴリーで連載します!)

 また、久石さんのコンサートの感想や、様々な作品の感想なども、引き続き、この“尊敬する音楽家:久石譲さんのこと”カテゴリーで書いていきたいと思います。
 今後とも、ぜひ、ご愛読ください。

 お読み下さり、どうもありがとうございました。

~久石譲さんと、久石さんの音楽を愛する全ての方へ、感謝をこめて~



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第12話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第12話>

 2004年の大阪城の野外コンサートの次に、僕が久石譲さんのコンサートに行ったのは、ちょうど10年後の2014年。
 12月31日に開催された、ジルベスター・コンサートでした。

 その10年間は、久石さんの音楽から離れていたわけでは決してなくて、むしろ、以前にも増して久石さんの作品を色々と聴いて、得られるものや学べることを追求しました。

 宮崎駿監督『ハウルの動く城』『崖の上のポニョ』は映画館に見に行きましたし、イメージアルバムやサウンドトラックも買って、何度も何度も聴きました。
 宮崎アニメ以外にも、久石さんが音楽を担当された、映画『男たちの大和』『おくりびと』も観ました。

 そして思ったのが、久石さんは近年はシンセサイザーはほとんど用いず、オーケストラを主体としたアコースティックな音に、完全にシフトしてしまったんだなあということでした。
 久石さんの音楽も、少しずつ作風が変化しています。

 個人的には、80年代~90年代や2000年前後辺りの、ある程度シンセサイザーも使用した、“シンセ+オーケストラ”や“シンセ+アコースティック楽器”といった作風が一番好きです。
 なので、宮崎アニメのCDは別として、『WORKS』シリーズや、クラシックのカバーCD『JOE HISAISHI CLLASICS』シリーズなど、最近の久石さんのアルバムは特に購入したりしていませんでした。(レンタルで借りたりして聴くことはありましたが…)

 それでも、これだけは買っておかねば、入手しておかねば絶対後悔すると思わせる作品がありました。
 それが、『Melodyphony メロディフォニー』というアルバムでした。

 これは、CDと共に、同アルバムのオーケストラ・スコアを完全収録した楽譜集も同時発売されており、双方をセットで購入することが、自分自身にとって至上命題でした。

 『Melodyphony メロディフォニー』には、「水の旅人」や伊右衛門CM曲「Oriental Wind」、「おくりびと」「Summer」といった代表曲を収録。さらに、「魔女の宅急便」や“千と千尋の神隠し”より「あの夏へ」、「となりのトトロ」といった宮崎アニメの人気曲までも収録されていました。
 それらの曲を、久石さん指揮・ロンドン交響楽団の演奏で新録音されたベストアルバムです。

 その曲目のラインアップだけでも素晴らしいのに、楽譜集では、久石さん自身によるオーケストレーションを、そのまま完全収録・掲載されたオフィシャル・スコアとなっていました。

 久石さんの映画音楽のオーケストレーションが、楽譜の形で公開されたことは、それまでほとんどありませんでした。ですので、久石さんの音楽を学び、分析・研究する上では、これ以上ないと思える楽譜集でした。

 楽譜を読みながらCDを聴くと、久石さんの編曲術を、より深く味わうことができます。
 それと同時に、久石さんのオーケストレーションの緻密な構造に驚き、ものすごく勉強になりました。
 やっぱり、久石さんの音楽は凄いと、心から思いました。

 楽譜は見るだけではなく、実際に自ら五線譜に書き写すことで、更なる学習に役立てることができました。
 このCDは、今もよく愛聴しています。

 さて、2000年代後半以降、僕は地道に音楽活動を続けました。
 シンセサイザーを使い、ヒーリング・ニューエイジ音楽のオリジナル曲を作っては、発表していました。(学生だった頃とは異なり、今はYouTubeなどで、自分で自由に作品を発表できます。個人で活動しているミュージシャンにとって、いい時代になったと思います)
 また、インストのみではなく、歌を作ることにも挑戦してみようと、ボーカロイドを使った曲なども手がけました。

 この頃から、他の人にはない、自分だけにしか表現できない音楽を追求しなければ、という意思が高まりました。
 もっと、自分の音楽に“核”となるものが必要だと。

 さらなるオリジナリティーを。自ら独自の音楽を模索し追求しました。

 そのように、追求すれば追求するほど、不思議なことに自らの原点を見つめ直したくなりました。
 学生時代に影響を受けた偉大なアーティストのコンサートに行き、生演奏に触れたくなったのです。
 こうして、2014年9月に喜多郎さん(13年ぶり)、2014年12月に久石譲さん(10年ぶり)、2015年3月に宗次郎さん(20年ぶり)と、立て続けにコンサートに行きました。

 このことが、アシタツ・オリジナルブランドの“ヒーリング・ホイッスル”誕生へと繋がっていくわけですが、その辺りのことはブログ記事“宗次郎さんの音楽との出会い~そして、素晴らしき音楽の世界へ”の、第6話~第12話にて詳しく書きました。
 ぜひ、そちらもお読みいただければと思います。

 その中で、久石さん関連で大きな出来事となったのが、2014年12月31日大みそかに開催の、ジルベスターコンサートでした。
 次回、「敬愛する久石譲さんの音楽」最終話の第13話にて、このコンサートを紹介しようと思います。

<つづく>

15302384320.jpeg
※久石さんの『Melodyphony メロディフォニー』のCDと楽譜集。久石さんのオーケストラスコアは、見応えがあります。



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第11話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第11話>

 2004年当時、僕は精神的にも経済的にも、非常につらい時期を過ごしていました。
 大きな挫折を味わい、何をやっても上手くいかず、失意の日々を過ごしていました。

 そんな、2004年の夏、久石譲さんがワールド・ドリーム・オーケストラという新たなプロジェクトを立ち上げ、コンサートツアーをされることを知りました。
 その宣伝を兼ねて、大阪のテレビ番組に久石さん自ら出演されて、コンサートを告知されていたのを覚えています。大阪でのコンサートは、8月1日に大阪城西の丸で開催するとのことでした。

 精神的にどん底の状態だった頃ですが、何故だか無性に、久石さんのそのコンサートを聴きたくなりました。
 心が自然と、久石さんの音楽を求めたのかもしれません。

 でも、経済的にチケットを買う余裕はありませんでした。
 大阪城の西の丸での野外コンサートならば、音だけなら少しでも聴こえるかもしれない。たとえ、久石さんのお姿が見れなくてもいい。久石さんが演奏する生の音楽を耳にしたい、久石さんの音に触れたい…。その一心で、僕は大阪城に向かいました。

 事前に、新聞でもこのコンサートのことをが紹介されており、開演時間なども知りましたが、記事を見て驚いたことがありました。
 コンサートでは、久石さんのオリジナル曲のみならず、ハリウッドの巨匠ジョン・ウィリアムズ『E.T.』など、様々な映画音楽の名曲も披露するとありました。
 久石さんは、それまでは基本的にカバー演奏などはされずに、自身の曲のみでコンサートをされていたはず…。ですので、久石さんの変化・新境地に大変驚きました。

 コンサート当日の大阪城公園では、ちょうど夏祭りのようなイベントが開かれており、色んな屋台や出店などで賑わっていました。
 そして、イベントの目玉が、久石さんの野外コンサートとなっていました。

 夕闇迫る大阪城。
 僕は、開演時間から少し遅れた頃に、現地に到着したと記憶しています。

 西の丸庭園の外側の石垣のほとりに寄りかかって、耳をすませました。すると、映画『E.T.』のテーマ曲が聴こえてきました。演奏している久石さんやオーケストラの姿は見えませんが、音は小さめながら十分に聴こえました。
 この時の、『E.T.』やハリウッド映画の音楽の演奏が、僕が耳にした初めての、久石さんによるカバー演奏ということになります。でも、やっぱり素晴らしかったのは、久石さん自身の曲・宮崎アニメの音楽でした。

 トランペットをソロ楽器としてアレンジされた、『天空の城ラピュタ』の音楽が流れてきました。
 気が付くと、通りかかった人や大阪城に来ていた人も、よく知っている“ラピュタ”の曲が聴こえてくるので、立ち止まって集まっていました。そして、僕と同じように、石垣のほとりで耳を傾けて聴いていました。

 澄んだトランペットの音色による「君をのせて」のメロディーが、暮れなずむ大阪城の夕空に響き渡って行きました。
 僕は、この曲をオカリナで吹いていた高校時代を思い出しました。そして、久石さんの音楽から、数多くのことを学んだ大学時代…。
 西の丸から次々と流れて来る、久石さん&ワールド・ドリーム・オーケストラの演奏に耳を傾けながら、今までの様々な想いが脳裏をよぎりました。

 辺りは暗くなり、コンサートも佳境を迎えアンコールがされています。

 そして、『風の谷のナウシカ』が演奏されました。
 僕が小学生の時に深く感銘を受けた、久石さんの音楽との出会いの作品です。

 夜空の下で聴く“ナウシカ”の演奏…、まさに心に響いてくるサウンドでした。
 姿は見えないものの、目を閉じれば、演奏している久石さんのお姿が目に浮かびました。

 「ナウシカ」に続いて、フル・オーケストラによる『となりのトトロ』の演奏が聴こえてきました。
 「トトロ」のオーケストラ版は、途中に久石さんのピアノ演奏のパートもあり、とても素晴らしいアレンジでした。
 「トトロ」の演奏が終わった瞬間、会場内から大歓声と拍手喝采が響き渡って来ました。

 会場内の、ものすごい熱気と感動が、外にいる自分にも強く伝わって来ました。
 辛い失意の時期を過ごしていた自分でしたが、大きな勇気が湧き上がって来ました。

 やっぱり、僕は音楽が好きだ!
 やはり、僕は音楽家になりたい!いや、絶対になるんだ!!

 強い決意を抱き、再始動のスイッチが入ったのを感じました。

 久石譲さんの音楽は、人ひとりの人生をも変えるほどの力を持っている。本当にそう感じます。
 この日に、大阪城で聴いた久石さんの演奏は、今でもよく覚えています。一生忘れることはないでしょう。

 久石さんの音に、勇気と元気をもらった僕は、大阪城をあとにしました。
 音だけ聴くという、自身4回目の久石さんのコンサートとなりましたが、次こそは、絶対にチケットを入手して、久石さんの演奏する姿を見ようと思いました。

(おまけのエピソード)
 「となりのトトロ」の後、さらにアンコールされ、本当に最後の曲ということで、久石さんのピアノ・ソロで「Summer」が演奏されました。
 …が、途中で演奏が止まりそうになるほどの、ミス連発のボロボロの演奏になりました。

 考えてみれば、この日がコンサートツアーの最終日。数日間に渡り、何時間も指揮と演奏を続けてこられた久石さんは、疲労もピークだったことだろうと思います。
 それで、最後の最後の「Summer」のピアノ演奏で、疲れで指が動かなくなったのだろうと思います。
 隣で聴いていた通りかかった人も、「このピアノ、素人が弾いてんのかなあ?」と言う始末…。(失礼な!!)

 そんな中、会場内では、久石さんを励ますかのように、大きな手拍子が沸き起こり、最後は久石さんの演奏と会場が、まさに一体となって盛り上がりました。
 ミスについては、久石さんもまた人間なんだなあと思いつつ、観客の皆さんの温かい手拍子に心打たれました。

 ちなみに、久石さんのピアノ演奏についてですが、何回か久石さんのコンサートに行ったことがある方なら、よくご存知かもしれません。
 実は、割とミスが、ちょくちょく有ったりします。
 よくインタビューなどでも、久石さんご自身で「ピアノは苦手」「自分は上手くはない」といった発言をされておられます。

 ですが、その言葉を真に受けて、「そうか久石さんはピアノが下手なのか…」と思ってしまうのは、大変な誤解です。

 久石さんは、あくまでメインは作曲家であって、そのイマジネーションを具現化する一つの手段として、ピアノを演奏されています。
 ですので、ピアノ演奏を専門とするピアニスト・演奏家の方達と比較すれば、ミスもありますし、安定感も劣るかもしれません。

 しかし、久石さんは、久石さんでなければ出せないピアノの音、久石さんならではのピアノの音を持っておられます。
 言い換えれば、鳴った瞬間、久石さんの演奏だと分かるほど、個性的なピアノの音を有しておられます。
 また、アルペジオやスケール奏法、オクターブ奏法などなど、鍵盤楽器奏者として豊かで高い技術・テクニックもお持ちです。
(初期の、シンセサイザーをメインに使用していた頃の作品も、シンセサイザー奏者・キーボーディストとして第一級の演奏だと思います)

 久石さんは、ご本人が言うほど、決して下手というわけではありません。
 が、クラシックのピアニストなど、専門の演奏家並みの、ノーミスで安定感のある完璧で高い演奏水準を求めてしまうと…。(あくまで比較論ですが)

 真に“いい音楽”とは、人の心を揺さぶる、感動を与える音楽です。
 久石さんのピアノ演奏は、たとえミスがあったとしても、聴く人の心をとらえ、大きな感動を与えてくれる“音”を有しています。
 ミスのある演奏も、また個性として愛されるほどに、久石さんのピアノの演奏は、多くの人から聴きたいと思われるような魅力にあふれています。

 僕は、そんな人間味あふれる、久石さんのピアノの音が大好きです。

<つづく>


※久石さんのピアノ演奏。この曲「Summer」は久石さんの代表曲にして人気曲。夏をイメージできる名曲ですね。(ちなみにこの動画の演奏はノーミスです!)



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第10話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第10話>

 大学を卒業した僕は、音楽とは無関係の仕事で生計を立てつつ、仕事以外の時間をフルに活用して、創作活動に取り組みました。そして、自分の表現したい音楽を追求して行きました。

 学生の時のように、時間的な余裕はあまりないので、社会に出た頃を境に、コンサートなどにはあまり行けなくなりました。
 その代わり、CDで兎に角たくさんの音楽を聴いて、学び吸収していきました。

 そんな頃に公開されたのが、宮崎駿監督の最新作『千と千尋の神隠し』でした。
 学生時代に夢中になった『もののけ姫』以来、4年ぶりの新作ということで、とても楽しみにしていました。公開後はすぐに映画館へ観に行きました。

 映画館に行くと、とてもよく混んでいました。

 『千と千尋の神隠し』の上映が始まり、最初のシーン。
 お父さんが運転する車の後部席で、無気力に寝そべる千尋…。映像のバックには、聴き馴染んだ久石譲さんのピアノの音色が響きます。
 ピアノによる、静かで抒情的な美しいメロディー…。ああ、久石さんの音だ…。
 なぜだか分からないが、とてつもなく安心感を得られる音です。

 やっぱり、久石さんの音楽は素晴らしいな…。
 そんなことを思いながら、スクリーンを見つめていました。

 そこからの、車が森の中に迷い込んでからの、音楽の展開は圧巻でした。
 突進する車の動きに合わせて、フル・オーケストラによるダイナミックな音楽が、スクリーンからあふれ出てきます。アニメーションと見事にシンクロしており、一気に作品世界に引き込まれました。

 とにかく、すごい!と感じました。

 千尋が、トンネルの向こう側の世界に迷い込んでからも、次々と展開される映像マジックに魅了されました。すっかり映画に夢中になり、見入っている自分がいました。
 そしてまた、バックで流れる久石さんの音楽も、僕の心を魅了しました。

 オーケストラ・サウンドを基調にしつつも、民族楽器だったり、民族調の音階を取り入れていたりする音楽。前作『もののけ姫』以上に、バラエティーに富んだ、色彩豊かな音楽だなと思いました。

 劇中のシーンと相まって、とても印象に残る名曲揃いでした。
 千尋が釜爺の所に初めて行くシーンの曲(「ボイラー虫」)、湯屋の神さま達の登場するシーンの曲(「神さま達」)、油屋で働く千尋のシーンの曲(「仕事はつらいぜ」)などが印象的でした。
 
 が、中でも特に強く印象に残ったのは、次の3曲。

 まず、おクサレ神の入浴シーンで奮闘する千のシーンでかかる曲(「おクサレ神」)。
 ポルタメントを多用したストリングスの音が、まさに、おクサレ神の姿をイメージしているかのようです。そのストリングスの間に挿入される、木管楽器の可愛い感じのメロディーが千尋の姿を思わせる、見事な曲です。
 音楽と映画のシーンが完璧にシンクロしていて、圧巻でした。

 次に、海の上を走る電車に乗って、銭婆の所へ向かうシーンの曲(「6番目の駅」)。
 『千と千尋』の音楽は全体的に、フル・オーケストラによるダイナミックで賑やかな曲が多めです。その中で、この「6番目の駅」は、幻想的な映画のシーンにピッタリ合った、静寂感漂う曲です。
 他のシーンとの、“静”と“動”の対比に、見事に呼応していると感じました。
 この、海の上の電車のシーンは、『千と千尋』の中でも、最もお気に入りのシーンです。

 そして、千尋が龍の姿のハクの背中に乗って、夜空を飛んでいくシーンの曲(「ふたたび」)。
 この曲は、メロディーメーカーの久石さんの魅力が、目いっぱいにつまった美しい名曲です。
 映画も、このシーンがクライマックスとなっているので、音楽もとても耳に残りました。

 大満足で映画館をあとにしました。
 その後間もなく、イメージアルバムとサウンドトラックを入手し、毎日のように聴き続けたことは、言うまでもありません…。

 『千と千尋の神隠し』の後、2004年には『ハウルの動く城』。そして、2008年には『崖の上のポニョ』
 宮崎アニメ以外でも、実写映画『男たちの大和』『おくりびと』、お茶の「伊右衛門」TVCMなどなど…。
 コンサートには行っていませんでしたが、スクリーンやTV画面を通して、久石さんの音楽を堪能しました。そして、色々とCDを買ったりして、久石さんの音楽を聴き続けた20代~30代前半でした。

<つづく>



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第9話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第9話>

 3回目となる久石譲さんのコンサート鑑賞。それは、オーケストラによるシンフォニック・コンサートでした。

 1998年10月27日。僕は会場である大阪ザ・シンフォニーホールにやって来ました。
 思えば、1993年の宗次郎さんのコンサートや、1997年の大阪芸術大学演奏会など、何かと縁のあるホールです。

 会場は満席!それはもう、老若男女問わず、多くの観客が集まっていました。
 それほどに、久石さんのお名前と音楽が広く知れ渡ったことを物語っていました。

 客席はかなり後方で、ちょうど、ステージを上から俯瞰して見るような感じの場所でした。
 演奏者からは、かなり離れており、演奏の様子はあまりよく見えない位置でした。でも、オーケストラ全体を見渡せるので、オーケストレーションの勉強にはもってこいの席だと思いました。

 この当時は、まだ久石さんは指揮活動はされておらず、演奏会ではピアノを担当され、指揮者の曽我大介さん指揮・関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏でした。

 ちなみに、このコンサートの前に、TV放送された「題名のない音楽会」の久石譲さん特集回で、指揮を担当されたのも曽我大介さんでした。
 今では、久石さんも指揮をされますが、久石さんがピアノだけでなく指揮をされるようになったのは、2002年頃以降のようです。

 コンサートが開演し、何と最初は『ナウシカ』の組曲でした。
 フル・オーケストラで聴く“ナウシカ”の音楽は格別でした。久石さんのオーケストラ・ライブ盤CD収録の「ナウシカ」組曲は、家で何度も聴いていましたが、生演奏で聴けて最高でした。

 ナウシカに続き、久石さんが音楽を担当された作品の音楽が、次々に披露されました。
 金曜ロードショー(当時)のOPテーマ「Cinema Nostalgia」や、映画『時雨の記』テーマ「la pioggia」、映画『HANA-BI』テーマ曲などです。
 「Cinema Nostalgia」の紹介の際には、当時お亡くなりになった『耳をすませば』監督の近藤喜文さんについて、語っておられたのがとても印象に残っています。
(当時の金曜ロードショーOPアニメーションの、作画・演出を担当しておられたのが、近藤喜文さんでした)

 休憩をはさんで、後半は、交響組曲『もののけ姫』でスタート。
 フル・オーケストラの生演奏で聴く『もののけ姫』の世界は、本当に圧巻でした。ちょうど、一年ほど前に、映画館で観てから毎日のように聴いたサントラの曲が、目の前で繰り広げられているわけですから、感動もひとしおでした。

 久石さんの音楽の中でも、壮大なスケール感があるタイプの曲は、やはりオーケストラで聴くのが一番だと思いました。

 他に印象に残った曲目としては、長野パラリンピック・テーマ曲「Asian Dream Song」がありました。
 2年前のコンサートでは、久石さんのピアノ・ソロでしたが、この日はオーケストラ・バージョンを聴くことができて、とても良かったのを覚えています。

 通算3回目、そして初めて、久石さんのオーケストラ・コンサートが聴けて、大満足の演奏会となりました。

 これで、バンド・スタイル、ピアノ・ソロ、オーケストラと、久石さんのコンサートでの、3種類の演奏形態を体験できました。
 その中で、個人的には、オーケストラによるコンサートが一番いいなと思いました。

 もちろん、ピアノ・ソロのコンサートも味わいがあっていいと思います。が、やはり、久石さんの音楽が持つ奥深さや表現の豊かさ、多彩さを味わうには、オーケストラがピッタリだなと思いました。

 この日の、素晴らしいコンサートの感動を大切にして、僕はさらに、音楽の勉強を続けていきました。

<つづく>

15274225340.jpeg
※この日のコンサートのプログラムと、当時のニュー・アルバム『NOSTALGIA PIANO STORIES III』のチラシ。



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第8話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第8話>

 久石譲さんのコンサートに行った1996年12月27日から約10日後。
 
 たしか、1997年の1月7日か8日だったと思います。僕は救急車で運ばれて、緊急手術を受けることになりました。
 その前日あたりから、腹部に痛みがあったのですが、容態が急変し救急車で運ばれました。
 急性虫垂炎だったのが、治療が遅れてしまったために、虫垂が破裂してしまいました。そのため、腹膜炎を起こし、緊急手術が必要な状態でした。
 手術があと少しでも遅れていたら、命の危険もある状況でした。

 手術後も入院し、退院後もしばらく通院が続きました。
 あんなにも、楽しく幸せな気持ちになれた久石さんのコンサートから、数日後には、手術を受けて入院している…。人間の人生というものは、どうなるか分からないものだなあと思いました。

 結局、療養期間中は、大学に通うこともできず、自宅で音楽の勉強をして過ごしました。
 ちょうど、大学は定期試験の時期を迎えていましたが、体力がある程度回復し動けるようになった頃に、追試を受けました。そして、無事に進級することができました。

 その後、すっかり回復し、2回生になった4月。僕は1回生の時以上に音楽の勉強に取り組みました。
 病気で入院したり、手術する経験をすると、健康に生活できることの素晴らしさや大切さが、身にしみてよく分かるものです。
 
 そして何より、もうあと3か月もすれば、久石譲さんが音楽を担当する、宮崎駿監督の最新作『もののけ姫』が公開されるのです。
 期待で胸がいっぱいで、楽しみで楽しみで仕方なかったのを、よく覚えています。

 そして、いよいよやって来た1997年7月。
 僕は公開後すぐ、『もののけ姫』を観に映画館へ行きました。
(実は、宮崎駿監督作品を劇場で鑑賞するのは『もののけ姫』が初でした。ジブリ作品としては、1995年の『耳をすませば』を映画館で観たので、2回目ということになりますが、それまでは専らTVで見ていました)

 圧倒的な映像美と奥深いテーマ性をたたえた物語。そして、久石さんの壮麗な音楽は、僕の心を強くとらえました。
 鑑賞後は、すぐにサントラを購入し、毎日毎日聴き続けました。

 “生きろ”というのが、『もののけ姫』のキャッチ・コピーでしたが、本当に、生きていて良かったと思えるほどに、深く感動しました。

 また、実は『もののけ姫』を観て嬉しいことを発見しました。
 映画のパンフレットを購入して、音楽担当の久石譲さんのプロフィールを読むと、なんと誕生日が12月6日と書かれていたのです。
 僕自身も12月6日生まれで、尊敬する久石さんと同じ誕生日だと知った時の喜びは、とても大きなものでした。
(久石さんの誕生日と同じ日に生んでくれた母親に感謝!!)

 『もののけ姫』は、約1か月後の盆休みの時期に、もう一度観に行きました。
 計2回、映画館で観たことになりますが、1回目が大阪で、2回目は福井の映画館で観ました。

 『もののけ姫』から大きな感動をもらった僕は、自分自身も多くの人に感動を届けられるような、そんな作品を創れるようになりたいと思い、もっともっと音楽の勉強を頑張ろうと思いました。

 『もののけ姫』熱が冷めぬ中、2回生後期の授業期間が始まった大学生活。
 その年の秋、大きなイベントを体験することになりました。

 毎年、母校の大阪芸術大学では、演奏学科を主体とするオーケストラ・大阪芸術大学管弦楽団の演奏会が開催されています。この年の秋も開催されたのですが、その演奏会に、オーケストラ・バックの合唱団に、一員として参加することになりました。

 曲は、メンデルスゾーン作曲『交響曲第2番“讃歌”』。
 ベートーベンの第9と同じく、第4楽章に合唱が加わる、壮大なシンフォニーです。

 それまでは、客席側からでしか見たことがなかったオーケストラ。そのオーケストラの演奏を、ステージの内側・舞台上から間近に見る絶好のチャンスでした。
 会場は、大阪のザ・シンフォニーホール
 国内有数のホールのステージに立てたのは、大きな思い出になりました。

 折しも、映画館で『もののけ姫』を観て以来、毎日のように聴いていた『もののけ姫サウンドトラック』は、オーケストラをメインにした楽曲。
 大阪芸大管弦楽団・演奏会の体験とも相まって、オーケストラ・サウンドへの興味がとても高まりました。
 それまでは、シンセサイザーをメインに、ヒーリング曲やミニマル音楽を勉強していた僕は、独学でオーケストレーションの勉強も始めました。

 芸大オーケストラの演奏会以来、メンデルスゾーンの音楽が大好きになった僕は、メンデルスゾーンのオーケストラ作品のスコアを集めました。そして、そのスコアを使い、楽曲分析・オーケストレーション分析をしたりして、学んでいきました。
 オーケストレーションについて知れば知るほど、久石さんのオーケストラ編曲が、とても緻密で計算された、見事なオーケストレーションであることが分かりました。
 久石さんのすごさ、素晴らしさを再認識することができました。

 『もののけ姫』公開後、映画の大ヒットにあわせて、主題歌・サントラCDもヒットしました。また、長野パラリンピック開催などがあり、久石さんのお名前と音楽は、より多くの人に知られるようになっていました。

 そんな中、1998年10月27日に「PIANO STORIES’98 Orchestra Night」と題する、久石さんのオーケストラコンサートが開催されることを知りました。
 大阪公演の会場は、ザ・シンフォニーホール。
 そう、前年の秋に、僕自身が出演したあのホールです。
 
 オーケストレーションの勉強をしていた当時の僕にとって、最高の勉強のチャンスと捉え、早速チケットを購入しました。

 自身3度目の久石譲さんのコンサート。そして、オーケストラによる久石さんのコンサートは初めての鑑賞でした。
 大きな期待を胸に、僕はザ・シンフォニーホールへと向かいました。

<つづく>

1997年公開・宮崎駿監督作品『もののけ姫』より
主題歌「もののけ姫」
~ヒーリング・ホイッスル カバー演奏 with マンドリン~




「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第7話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第7話>

 自分にとって、2回目となる久石譲さんのコンサート。それは、久石さんのピアノ・ソロによるリサイタルでした。
 
 会場は、クラシック音楽専門ホールの大阪・いずみホール
 年の瀬押し迫る、1996年12月27日。僕は、いずみホールへと向かいました。

 会場に到着し、ホール内の客席につきました。
 席は、後ろ寄りのやや右側の辺りでした。ステージ上を見て、本当にグランド・ピアノだけなのを確認してホッとしました。以前の、1994年のコンサートのようなことには、ならずに済みそうだと…。
(それほどまでに、あのコンサートが自分にとってトラウマになっていたのでした→第5話参照

 開演時間となり、ステージ上に久石さんが登場されました。
 頭にバンダナを巻いてはおられましたが、服装はクラシック・ホールに合わせたかのように、落ち着いたシックな感じの出で立ちでした。
(ちなみに久石さんは、1993~1997年ごろにかけて、頭にバンダナを巻いておられました。そして、1998年長野パラリンピックの前頃を境に、バンダナを取られました)

 コンサートのタイトルは、“Piano Stories Ⅱ Piano Solo Night”
 その秋に発売されたニューアルバム『Piano Stories Ⅱ』をタイトルに冠したコンサートです。

 ピアノの前に座った久石さん。僕は、五感をステージ上の久石さんに集中させました。

 一曲目の演奏が始まった瞬間、僕の心に、大きな喜びが広がりました。
 あの『驚異の小宇宙・人体』のテーマ曲「The Inners 遥かなる時間の彼方へ」でした。そう、小学生の頃に聴いて、心に残った名曲です。(第2話参照
 僕が聴きたかった久石さんのコンサート、久石さんの生演奏はこれだ!と、大感激しました。

 ピアノのみという、超シンプルなコンサートなのに、次々に披露される久石さんの美しいメロディーは色彩豊か。素晴らしいコンサートでした。

 曲間MCも落ち着いた雰囲気で、とても丁寧にお話しされる久石さんのお姿が印象的でした。

 MCで印象に残った言葉としては、「ここ数年は、“日本”を大きなテーマとし、どう表現するかに取り組んでいる」という言葉。
 これを聞いて、僕の脳裏には『もののけ姫イメージアルバム』が浮かびました。

 そしてもう一つ、1998年開催の長野パラリンピックのプロデューサーを務めることと、それに向けた想いを語られたことが印象に残りました。
 そして、その長野パラリンピック・テーマ曲「Asian Dream Song」が披露されました。

 五音音階を基調にしつつ、とても力強く、雄大さも感じさせるメロディーが印象的でした。

 アンコールでは、となりのトトロの「風のとおり道」の演奏が聴けて、心から嬉しかったのをよく覚えています。

 自身2回目となる久石さんのコンサート。本当に素晴らしく、感動に包まれました。
 ずっと聴きたいと願っていた、これぞ久石譲さんの音楽、という演奏会をやっと楽しむことができました。そして、久石さんへの尊敬の念が、ますます大きくなりました。

 このコンサートの感動を胸に、僕は、さらに音楽の勉強に取り組んでいきました。

 そして翌年1997年の夏、大学2年生になった僕は、ある映画に心を強く打たれることになります。
 それが、久石さんが音楽を担当する、宮崎駿監督の最新作『もののけ姫』でした。

<つづく>

15274225190.jpeg
※このコンサートのチケットとチラシ。この当時の、頭にバンダナ姿の久石さんの写真が載っています。



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第6話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第6話>

 初めての久石譲さんのコンサートは、期待していた雰囲気とは異なる、異色作『地上の楽園』コンサートとなってしまいました。でも、だからと言って、久石さんの音楽が嫌いになるわけではなく、変わらずCDを聴き、宮崎アニメを観たりしました。そして、久石さんが音楽を手がけたTV番組や映画をチェックしては、音楽の勉強を続けました。

 1996年に大阪芸術大学音楽学科に進学した僕は、和声法など課題の学習の他、図書館で久石さんの楽譜を見たり、CDを聴いたりして楽曲分析し、作曲の勉強に励みました。

 また、大阪芸大の授業では、音楽技術・テクノロジー関連の授業でミニマル・ミュージックに関する講義も受けました。
 テリー・ライリーフィリップ・グラスの作品などを聴いて、ミニマル・ミュージックがどのように作られているかを学ぶのですが、たしかに、久石さんがミニマル音楽出身で、その要素・影響が非常に大きいことが、よく分かりました。

 音楽を学びながら思ったことは、久石さんの作品から学ぶことは、とても多大なものがあるということでした。
 宮崎アニメの音楽以外でも、『I am』『My Lost City』といったオリジナル・アルバムにも耳を傾けると、メロディアスなピアノ・サウンドを堪能できました。やはり、あの『地上の楽園』コンサートは異色だったんだなあと思い、自身が触れる初コンサートとしては、タイミングが悪かったのかも…と思ったりしました。

 そんな中、この年(1996年)の夏、久石さんが手がける宮崎さんの新作『もののけ姫』のイメージアルバムが発売され、早速購入しました。

 イメージアルバムというCDは、映画本編のサウンドトラックを作る前に、宮崎駿監督から、映画の物語のキーワードとなる言葉やメッセージ・概要などが久石さんに伝えられ、それらを元に、久石さんがイメージを膨らませてアルバムを作るという、ジブリ作品特有のイメージ音楽集のCDです。
 そのイメージアルバムを宮崎さんが聴いて、映画本編のどの部分に、どんな曲を入れるのかを、打ち合わせて決めていくというスタイルだそうです。

 大好きな宮崎アニメの新作ということで、高い期待を込めて、買ってきた『もののけ姫イメージアルバム』を聴きました。

 一曲目「アシタカ𦻙記(せっき)」から、大きな衝撃と感動を受けました。

 今までの久石さんの音楽を上回る、壮大なスケール感のあるメロディーとサウンド、そして、日本的・東洋的な音世界に耳が釘付けとなりました。
 「すごい!これは本当にすごい!」心からそう思いました。
 久石さんは、さらに新たな次元・領域に達したと感じました。そして、そのまま全10曲を一気に聴きました。

 久石さんは、やはり偉大だ!と思いました。そして同時に、映画『もののけ姫』がものすごい傑作になると予感しました。
 『もののけ姫イメージアルバム』は、その後、毎日毎日くり返し聴きました。
 久石さんのCDの中でも、特にお気に入りの作品となりました。もし今、自分の持っている久石さんのCDで、お気に入りのベスト3を選べと言われたら、僕は間違いなく『もののけ姫イメージアルバム』を入れます。

 そんな風に、久石さんの音楽に感動し、久石さんの音楽から多くのことを学ぶ日々を過ごしている内に、やはり久石さんの生演奏を聴きたい、久石さんのコンサートを聴きたい、それも、あの、前の時にようなバンドのスタイルではなく、できる限りシンプルな楽器編成で、静かな路線の演奏会を聴きたいと願うようになりました。

 その願いが届いたかのように、1996年12月に、久石さんのピアノのみという、リサイタル形式のコンサートが開催されることを知りました。
 早速、チケットを購入しました…が、久石さんのコンサートの第一印象があれ(第5話参照)だっただけに、一抹の不安を感じはしましたが、さすがにピアノ・ソロのコンサートだから、前の時のようなことにはならないだろうと、久石さんのことを信じて(?)、コンサート当日を楽しみに待つことにしました。

 そしてやって来た1996年12月27日。
 僕にとって、2回目となる久石譲さんのコンサートを聴きに、会場である、大阪・いずみホールに向かいました。

<つづく>



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第5話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第5話>

 ついに、あの久石譲さんの生演奏が聴ける!!
 1994年の9月、僕は、初めて行く久石さんのコンサートを心から楽しみに、その日が来るのを待ちました。

 そして、やって来たコンサート当日。僕は会場の、大阪・厚生年金会館に向かいました。コンサートが開かれるのは、ここの中ホールでした。
(今でこそ、久石さんのコンサートは大規模なホールで開かれるのが普通ですが、この時は、やや規模の小さい中ホールでの開催でした)

 コンサートのタイトルは、“JOE HISAISHI CONCERT TOUR ’94 地上の楽園”大阪公演。
 久石さんの新しいオリジナル・アルバム『地上の楽園』の発売に合わせて組まれたツアーで、全国6公演のようでした。

 今まで、CDや宮崎アニメなどで聴いていた、あの美しく優しい、あたたかなメロディーに生で触れられる!
 期待に胸を膨らませて、ホール内に入りました。
 席はなんと、一番前の席でした。

 客席について、僕は舞台上を見渡しました。ステージの真ん中には、大きなグランド・ピアノがありました。(きっと、このピアノを久石さんが弾くんだろうな…。)
 そして、ピアノの周りを見渡した時、何だか、嫌~な予感がしました。

 ライトの薄明かりの中で、キラリと光っている、エレキギター・エレキベース・ドラムスのフルセット、シンセにボーカル用マイクが3~4本…。
 これって、どう見ても、ロックバンドの編成では…。

 当時、高校2年生だった頃の僕は、どちらかというと静かなニューエイジ・ヒーリング系の曲を好み、久石さんのコンサートでも、ピアノ&ストリングスとかのアコースティックで静かに耳を傾ける曲や、シンセが入ったとしても、ファンタジックな雰囲気のミニマルや民族音楽路線の曲を期待していました。
 宮崎アニメで言うと、ラピュタやトトロ、魔女の宅急便のような、メロディー豊かな優しい音楽ですね。
 そんな期待が、ステージ上のセットの様子を見た瞬間、一抹の不安に変わりました。

 もしかして、期待している、そういう曲はやってくれないのかも…。

 そんなことを思っている内に、開演時間を迎えました。
 ステージにライトが輝き、頭にバンダナを巻いて、首にはネックレス、Tシャツ(ノースリーブシャツだったかも)にジャケット、靴はスニーカーという、なかなか派手な出で立ちのおじさんが登場しました。
 初めて、生で見た久石譲さんでした。
 そして、コンサートが開幕…したのは良かったのですが、一曲目から爆音を響かせたロックなステージで、開演前の悪い予感が的中してしまったのでした…。

 ドラムがビートを効かせたド派手なステージで、久石さんもピアノだけでなく、ショルダー・キーボードディストーション・サウンドを鳴らしまくったり、マイクを握ってボーカルに参加したり、中にはラップもあったりする曲目で、客席に手拍子をあおったり、ダンサブルなライブが展開されました。

 今現在の自分ならば、割とどんなジャンルの音楽でも楽しんで聞くことができる感じなのですが、思いっきりニューエイジ音楽志向だった、当時の高校2年生だった自分にとっては、このコンサートの内容は、完全に期待していたものとは異なるステージでした。
 目の前で、それこそ踊るように体を揺らしながら、マイクの前で歌いまくる久石さんのお姿に、最前列の客席で、正直ドン引きしていました。(久石さん、ごめんなさい…汗)

 現在の、オーケストラ・スタイルで、燕尾服姿で指揮棒を振るう、クラシックな感じのコンサートをされておられる久石さんの姿しか知らない方には、この時のコンサートのような、ロック・ミュージシャンな久石さんの姿を、全く想像できないかもしれませんね。

 結局、期待していた宮崎アニメの音楽は、ほとんど無く(ナウシカのメインテーマを少し弾いた程度)、終始、ロックでパワフルなコンサートとなりました。
 もっとも、このコンサートはアルバム『地上の楽園』のツアーなので、そのアルバムの曲がメインになっていたのは、至極当然なことだったのかもしれません。
 そして何より、この『地上の楽園』というアルバム自体が、久石さんの数多い作品の中でも、異色作だったのでした。
(逆に、ロックでポップでパワフルな久石さんを聴いてみたい人にはピッタリかも…)

 期待していた、聴きたいと思っていたタイプの久石譲さんの音楽は、このコンサートでは楽しむことができませんでした。

 後になってから知ったのですが、久石さんを特集した新聞記事で、次のようなことを知りました。
 それは、「“久石譲と言えば宮崎駿アニメ”というレッテルを、いつも貼られることに、一時期うっとおしく思うようになり、インタビューなどでも、宮崎アニメについて訊かれても、一切答えないという時期がありました。」と、久石さんが語っておられる記事を読みました。
 もしかしたら、この『地上の楽園』コンサートをしていた頃が、ちょうどその時期だったのかもしれません。
 でもその後、久石さんは、宮崎駿さんが時代のオピニオン・リーダー的な存在だと再認識し、このままではいけないと思い直して、宮崎さんが尊敬する司馬遼太郎さんの著作などを読み込んで、宮崎さんの世界をより深く表現できるように、と努力されたそうです。

 また、『地上の楽園』という異色アルバムが出た当時、久石さんの作風が、いつも(?)のメロディアスなイージーリスニング路線ではなく、ビートを前面に出したポップ・ロック路線に変化していた時期でした。(『人体Ⅱ脳と心』『キッズ・リターン』など)
 久石さんとしては、新たな表現を追求する過程だったのかもしれませんが、宮崎アニメの曲のような音楽を期待してコンサートに行った身としては…。(タイミングがちょっと悪かったかなと…)

 ともあれ、生まれて初めての久石さんのコンサートは、散々な第一印象となってしまったのでした。
 久石さんの音楽性の幅広さを知るという意味では、有意義でしたが…。
(実際、80~90年代前半の久石さんは、ポップな曲も割と多かったので、ロック・ミュージシャンのJoe Hisaishiもまた、久石さんの音楽性の一部と言えます)

 ちなみに、『地上の楽園』のCDですが、現在では時々聴いたりして、楽しんで愛聴しています。

<つづく>



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

敬愛する久石譲さんの音楽<第4話>

「敬愛する久石譲さんの音楽」
<第4話>

 高校生になり、小学生の時以来、数年ぶりに宮崎駿監督のアニメ映画を観た僕は、その素晴らしさに心打たれ、宮崎アニメの大ファンになって行きました。
 そして、久石譲さんの音楽に魅了され、深く興味を持った僕は、久石さんのCDを集めるべく、CD屋さんに行きました。

 ちょうどその頃は、宗次郎さんや喜多郎さんのCDをよく買っており、ニューエイジ・ミュージックのコーナーに並んでいる、様々なアーティストに興味を持ったり聴いたりしていた頃でした。
(この辺りについては、ブログ記事「宗次郎さんの音楽との出会い~そして、素晴らしき音楽の世界へ」<第4話>でも触れております。ぜひ、ご覧下さい。)

 CD屋さんやレンタルCD店では、大抵アーティスト名の50音順で並んでいます。

 アカサタナ…の順に、例えば、カ行の所に“喜多郎”、サ行の所に“宗次郎”、ナ行の所に“西村由紀江”、そして、ハ行の所には、“姫神”のとなりに“久石譲”コーナーがありました。

 宮崎アニメの音楽を目当てに、久石さんのコーナーを眺めていて、ハッと、ある商品に目が留まりました。
 それは、『NHKスペシャル“驚異の小宇宙・人体”サウンドトラック/音楽 久石譲』。

 あの、『ナウシカ』とともに、小学生だった頃の僕の心を捉えた、『驚異の小宇宙・人体』の音楽(第2話参照)。
 あの素晴らしい音楽も、久石譲さんだったのか!!

 驚くと同時に、大きな喜びを感じました。
(この頃に買った、宮崎アニメのサントラや『驚異の小宇宙・人体』のCDは、今でも愛聴しております。)

 ますます、久石譲さんの音楽が大好きになり、久石さんが音楽を担当されたTV番組や映画も、どんどんと見るようになりました。

 そうしている内に、それまでオカリナ一辺倒だった、僕の音楽的な志向が変わり始めました。
 オカリナだけでなく、久石さんのような素晴らしい音楽が作れるようになりたいと思い、作曲やキーボードの演奏、民族音楽なども真剣に学び、音楽系の大学に進んで本格的に学びたいと決心しました。
 そして、次第にオカリナの演奏からは離れていき、エレクトーン講師である母親に師事し、鍵盤楽器や音楽理論を学びました。

 将来は、自分が作った曲を通して、多くの人に感動を与えられるような、音楽家・アーティストになりたいと夢を抱き、高校卒業後の進路を決めました。

 こうして、作曲法を含め、総合的に音楽を学ぶようになった僕は、久石さんの他、それまでよく聴いていた宗次郎さんや喜多郎さん、姫神(星吉昭)さん等など、ニューエイジ音楽(ヒーリング・癒し系音楽)の名音楽家と呼ばれる人の作品を、国内外問わず、どんどん聴いて学んでいきました。
(基本的な音楽ジャンルは、ニューエイジ、ヒーリング、インスト、映画音楽などがメインでした。その他、クラシック、民族音楽など色んなものを聴きました。個人的な好みはどちらかと言うと、静かな音楽やメロディー豊かな音楽が好みでした。)

 CDを聴くだけでなく、コンサートで生演奏に触れることの大切さ、面白さも知るようになっていたので、ぜひ、久石さんのコンサートにも行ってみたいな…と考えていました。

 そんな矢先、1994年9月に大阪・厚生年金会館で久石さんのコンサートが開かれることを知り、喜んで行くことにしました。

<つづく>


15274225030.jpeg
※高校生の頃に買い集めた、久石譲さんのCD・アルバム。ナウシカなど宮崎アニメのCDの他、オリジナルアルバムも買いました。一番手前が『驚異の小宇宙・人体』のCD。
 そして、一番右上のCDが、初めて行くことになる久石さんのコンサートに関連するアルバム…。まさか、初めての久石さんのコンサートがあんなことになってしまうとは…。(詳細は次回!)



「敬愛する久石譲さんの音楽」
全13話・各話リンク

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 

第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話

tag : 久石譲

最新記事
カテゴリ
プロフィール

アシタツ Ashitatsu

Author:アシタツ Ashitatsu
音楽家:作曲家、ヒーリング・ホイッスル奏者、キーボード奏者

【演奏楽器】
ティン・ホイッスル
ロー・ホイッスル
キーボード・シンセサイザー

1977年生まれ。
大阪府出身。
大阪芸術大学音楽学科卒業。

ヒーリング・ホイッスル(ケルトのホイッスルによる癒し系音楽)の楽曲制作・演奏を中心に活動。

◎専門音楽ジャンル:ヒーリング・ニューエイジ

◎歴史・史跡巡りが趣味

◎大阪府の郊外(奈良県寄りの田舎の方)在住。

◎オリジナル曲での主なテーマ
・近畿や北陸の自然や歴史をテーマにした作品
・文学、児童文学をモチーフにした音楽
・ファンタジックな世界観のヒーリング音楽・癒し系音楽

◎尊敬する影響を受けた音楽家:宗次郎、久石譲、姫神(星吉昭)、喜多郎など

※メッセージ、お問い合わせ、ご依頼等ございましたら、下記メールフォームをどうぞご利用ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
フリーエリア
QRコード
QRコード
月別アーカイブ